スマートフォンで読んでいた記事の続きを、ノートPCで読むのは難しいことではありません。「どのウェブサイトでその記事を見たか」を覚えておけばいいだけです。Microsoft、Apple、Googleは、スマートフォンで見ているページを瞬時にデスクトップに送るツールを提供しています。この機能を有効にするには、最初にいくつかの設定が必要です。

Microsoftの 「Continue on PC」はデバイスに縛られない

Microsoftの「Continue on PC」は、AndroidとiOSの両方で使えるサイト共有ツールです。アプリをインストールすると、スマートフォンの共有メニューにアイコンが追加されます。ブラウザ上で共有メニューを開き、「Continue on PC」を選択すれば、閲覧中のウェブページをPCに送ることが可能です。また、「今すぐ読む」か「あとで読む」かの設定もできます。

iOSでアプリをインストールしたら、PCと同じMicrosoftアカウントでサインインしてください。PC側では、[設定]>[電話]を開いて、スマートフォンとPCをリンクさせておきましょう。

iOSユーザーは標準のHandoff機能を使える

iOSなら「Handoff」を使って、iOSデバイスで閲覧中のサイトをMacに送ることが可能です。Handoffは、MacとiOSデバイスを同期させるAppleの連係機能の1つ。Handoffを有効にして、iOSデバイスでウェブページを閲覧したり、MessagesやSafariなどのHandoff対応アプリを使うと、MacのDockにそのアプリのアイコンが自動で表示されます。アイコンをクリックすれば、スマートフォンでしていた作業をMacで続けることが可能です。なお、iPhoneのSafariでページを閲覧していたとしても、Mac側ではデフォルトに指定されているブラウザ(たとえばChrome)で開かれます。

Bluetoothをオンにしたり、iCloudでサインインしてHandoffを有効にするなどの準備が必要ですが、一度設定すれば、対応しているすべてのiOSアプリがMacのDockに表示されます。Handoffを有効にするには、iOSデバイスで[設定]>[一般]>[Handoff]を開きます。Mac側では、[システム環境設定]>[一般]でHandoffを許可するオプションを選択してください。

Google Chromeはタブ同期に対応

スマートフォンとPCの間で、ウェブの同期をもっと厳密にやりたいならGoogleのお世話になりましょう。ChromeにGoogleアカウントでログインすれば、閲覧履歴、拡張機能、ログイン情報など、さまざまな情報を複数デバイス間で同期させることができます。ほぼすべてのバージョンのChromeで使用可能です(ただし、拡張機能はAndroidやiOSでは使えない)。

たとえば、スマートフォンでニュースやレストランのメニューをチェックしているときに、PCやMacの前に座って履歴タブを開けば、スマートフォンの閲覧履歴を見ることができます。もちろん、PCの閲覧履歴をスマートフォンで見ることも可能。閲覧履歴のトップに最後に訪れたサイトが表示されるので、そこをクリックすればブラウジングを続けることができます。

How to Send Web Pages From Your Phone to Your PC | Lifehacker US

Image: Microsoft via Lifehacker US

Source: Microsoft, Apple, Google