8月23日、太陽が乙女座へ 神経質なイライラをアロマでサポートしよう!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地よいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 8月23日、獅子座にいる太陽が「乙女座」に移動します。その後、9月23日までは、乙女座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

■乙女座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】乙女座(地のエレメント)
【期間】8月23日〜9月23日
【ポジティブなメンタル症状】実務能力が高まる、整理整頓ができる
【ネガティブなメンタル症状】細かいことが気になる、批判的な発言をしてしまう

 乙女座は、健康管理や整理整頓を象徴する星座。観察眼や責任感にもすぐれ、実社会において高い実務能力を発揮します。そのためこの時期は、そうした細やかな心配りや責任能力、物事を改善・管理する能力が刺激されるときとなります。

 ただし、その分、過度の批判や重箱のすみをつつくような発言も起こりがちに。乙女座太陽期のエネルギーが悪く働くと、ただの神経質な人になってしまうのです。そうなると自分もまわりも、ただただ不快でつらいだけ。この時期は、他人にも自分にもやさしくできるよう、リラックス系のアロマでサポートしていきましょう!

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……フランキンセンス
 普段楽天的な火の人たちは、乙女座太陽期の細やかな観察眼や批判エネルギーにイライラしがち。火のパワーをおだやかにする瞑想のアロマ「フランキンセンス」を使ってみましょう。フランキンセンスは自分本来の精神性に立ち返ることをサポート。この時期の細やかなエネルギーに惑わされずに、元からの長所である大胆な行動力や目的達成能力が活かされるはずです。

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……ラベンダー
 この時期、もっともリラックス系のアロマが必要なのは、乙女座と同じ地のエレメントの人たち。持ち前の結果重視の実務能力が、他者を攻撃する批判パワーに変わってしまわないよう注意が必要です。乙女座の象徴オイルである「ラベンダー」を使ってみましょう。ラベンダーは言葉やコミュニケーションを司る水星のアロマでもあります。イライラしない、おだやかな環境や交流をサポートしてくれますよ。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……ヘリクリサム
 知性派の風のエレメントの人たちは、完璧主義な乙女座太陽期のパワーが働くと神経をすり減らしてしまいがちに。人によっては胃腸に不具合が出るほどです。この時期は弱った心身をサポートしてくれる「ヘリクリサム」を使ってみましょう。ほどよくウッディーな香りが、適度なリラックスとリフレッッシュ効果をもたらして、明日への活力を呼び戻してくれるはずです。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……ローズ
 実は「細々と人に尽くしてしまう」パワーもある乙女座太陽期。もともと愛情深い水のエレメントの人たちは、乙女座の完璧な奉仕主義の影響を受けて、滅私奉公のように家族や愛する人に尽くしてしまう可能性が出てきます。ゆったり優雅な気分になれる「ローズ」を使ってみましょう。自分を甘やかしながら、大切な人のことも愛することができるステキな時間をサポートしてくれます。

 乙女座は、心身をケアすることや薬剤管理などにも縁がある星座。この時期にアロマテラピーを活用することは、占星術的なラッキーアクションでもあります。この影響は太陽が天秤座に移動する9月23日まで続きます。サポートアロマで心身ともに快適になりながら、幸運な秋を迎えてくださいね!
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock