男子シングルスはシード勢6名が8強入り、ダブルスは団体出場組が4強を独占 [第44回全中]

写真拡大 (全4枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)の大会4日目は、男女個人戦のシングルス2、3回戦、男女ダブルスの準々決勝が行われた。

◇   ◇   ◇

 トップシードの三井駿介(清水町立清水)は、2回戦で大久保拓海(守口市立錦)を8-4で破り、続く山口陸人(福岡市立壱岐丘)には8-1で完勝。その三井をはじめ、6名のシード勢が準々決勝に勝ち上がった。

(写真)第3〜4シードの下村亮太朗(横浜市立市ケ尾/奥)も8強入り

 シード勢でもっとも躍進したのが第9〜16シードの庄子大慎(海老名市立大谷)かもしれない。今大会は、彼にとって初の全国大会出場。過去の実績もあまりなく、「今大会はチャレンジ精神でプレーできている」という。

 庄子は2回戦で三宅慧樹(箕面市立第五)に快勝すると、3回戦では14歳以下のワールドジュニア日本代表の磯村志(広島市立大塚)と対戦。磯村に対して序盤からリードを奪い、「自分からミスをせず、チャンスボールがきたらガンガン攻める」プレーで8-3と圧倒した。次戦はトップシードの三井。激しいラリー戦に注目だ。

 ノーシードから8強入りを果たしたのは、3年生の金田拓渡(鎌ケ谷市立第四)と2年生の菅谷優作(仙台市立将監)のふたり。金田は2、3回戦で続けてシード勢を撃破。第5〜8シードの脇坂留衣(和泉市富秋)を8-5、第9〜16シードの中基(小平市立小平第二)を8-3で破っている。

 一方の菅谷は、第9〜16シードの山口柚希(福岡市立片江)に競り勝つと、第2シードを倒した堤隆貴(四日市市立西陵)に対しては8-5で勝利した。「自分のできることを最大限に出せている。ここまで来れたことはうれしい」と菅谷。フォア・バックともにダウン・ザ・ラインを要所で決め、強気のプレーが光った。

 昨年の1年時は初戦負けだが、この一年で背も伸び、精神面の成長も感じる。さらに自信を深めている菅谷は、準々決勝で第9〜16シードの木原啓太(加須市立加須平成)と対戦する。

(写真)菅谷優作

 ダブルスは準決勝に進出する4組が決定。シード勢は小澤夏輝/中基(小平市立小平第二)だけとなり、森田篤郎/日野健太(甲南)、高田順平/宮地吾侑(名古屋)、松尾滉哉/小林良徳(土浦市立土浦第二)と、全ペアが団体戦に出場した面々が揃った。

 松尾と小林の土浦第二ペアは、第1シードの石川瑛大/永井健太(エスコラピオス学園海星)を破っての勝ち上がり。団体戦の準々決勝ではシングルスで永井と小林、石川と松尾が対峙し、ともに永井と石川が勝利していた。

「ダブルスだけでも、チームのみんなのために勝ちたかったので、(それができて)よかった」と小林。リベンジマッチを見事に制する形で全国ベスト4入りを決めた。

(写真)小林良徳(奥)/松尾滉哉

 大会5日目の23日は、男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。単複ともに準決勝から3セットマッチ(それまでは8ゲームプロセット)を採用。試合開始は9時の予定。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※トップ写真は、初の全国大会で8強入りを決めた庄子大慎(海老名市立大谷)