ふたを開けると…(写真は、春華堂のオンライン店舗から)

写真拡大

「うなぎパイ」の春華堂(静岡県浜松市)が、オンライン店舗で「うなぎパイ」のiPhone用ケースを販売しており、ツイッターなどインターネット上で「めっちゃ欲しい」「これすごいw」と話題になっている。

持ち味は、「くすっと笑える」仕掛け

背面のふたを開けると、「うなぎパイ」のフィギュアが入っている――。「うなぎパイiPhoneケース」はこんな仕掛けになっている。

オンライン店舗は、商品説明欄で

「友人との楽しい食事の時間。親しくなりたい相手と会話しているとき。静まりかえった空気を脱したいとき...そんなときはおもむろに、うなぎパイの包装紙に身を包んだiPhoneを取り出してみましょう」

などと使い方を提案。「『くすっと笑える』しかけこそが、春華堂の持ち味なのです」という。

背面のふたの内側には、クリップが取り付けられている。通勤通学時や近場への買い物などで、紙幣やカードを入れておくと便利かもしれない。

対応機種は、iPhone7のみ。数量限定の生産なので、なくなり次第、販売終了となる。

ツイッターなどインターネット上では、

「うなぎパイのiPhoneケース、開けられるようになってたから開けてみたら中にもうなぎパイ入っててなかなか狂っている 」
「やべーーめっちゃほしいwwww」
「え...なにこれ欲しい...うなぎパイこんなグッズ出してたの...」
「うなぎパイのiPhoneケースなんてあるんだね 地元なので何だかツボってしまった」

などと、話題になっている。