チベタンスパニエルとは

チベタンスパニエルを近所で見かけた事はありますか?実際のところ、チベタンスパニエルの飼育数は、現在の日本ではそう多く無いので、なかなか簡単に見かける事はありません。

チベタンスパニエルはチベットが原産の小型犬で、頭部が体と比較すると小さいという特徴があります。顔つきは、ペキニーズやパグのように平らな顔が特徴の、いわゆる鼻ぺちゃ系の犬です。

被毛はダブルコートなので抜け毛があり、毛の長さもどちらかと言えば長毛種に入るので、ブラッシングやトリミングが必要です。毛色もホワイトからブラック、ゴールドなど豊富にあり、お好みの色のチベタンスパニエルを探す事ができます。

性格は、飼い主さんにとても忠実で賢いのですが、他の人への警戒心が強いところがあるので番犬に向いています。頑固な面も持ち合わせているので、最初のしつけが肝心となります。

また、警戒心が強い故に吠えやすくなってしまう傾向にあり、番犬として飼うのであれば問題ありませんが、そうでない場合は吠えないようにしつける必要があります。

チベタンスパニエルの性格

チベタンスパニエルは、飼い主さんに対して愛情表現がとても豊かな犬です。小さな体で一生懸命に飼い主さんを守ってあげようとする忠誠心が強いので、そんな姿にメロメロになってしまう人も多いのではないでしょうか。

ただし、その忠誠心の強さが「吠える」という行動に結び付き、窓の外に人が通っただけでも吠えてしまう場合もあります。一度吠えることを覚えてしまうと、頑固なところがあるので、なかなか直す事が難しいでしょう。また、人見知りもするので、来客などがあった場合には、吠えるのをやめるまで時間が掛かってしまう場合があります。

こう聞くと、「チベタンスパニエルはちょっと厄介な性格?」と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。要はしつけの仕方にかかってきます。

チベタンスパニエルは「頭が良い」犬です。しつけをするときちんと覚えて、吠えない犬になってくれます。また、チベタンスパニエルは感受性が強い犬なので、大げさに褒められるととても喜び、しつけの際にもよく褒める事でどんどん覚えていってくれます。

また、番犬になるような小型犬が欲しいと思っている人には、チベタンスパニエルはまさに打って付けの性格の犬です。人が来たら教えてくれ、お留守番の時にもしっかり家を守ってくれる頼りになる犬なのです。

チベタンスパニエルの体の特徴

チベタンスパニエルの体は、立たせている時に地面から背中までの高さは25cmくらいが平均で、体重は4kgから7kgで、シーズーほどの大きさの小型犬です。オスとメスではそれほど大きさに違いがなく、他の「スパニエル」と名前が付く犬種とは、全く違う特徴を持っています。

そもそもチベタンスパニエルはスパニエルの犬種では無く、ペキニーズが祖先だったと言われています。そのペキニーズがチャイニーズスパニエルと呼ばれていますが、やはりスパニエルの犬種ではないのに名前が付いているのです。

チベタンスパニエルの顔は、ペキニーズのように平らな顔をしており、頭部は体全体のバランスから考えると小さめなのが特徴で、柔らかな絹のような被毛で覆われています。

短毛と長毛のダブルコートになっていますが、体が小さいので、大型犬のように抜け毛で大変な思いをする事は、それほどありません。週に何度かブラッシングをしてやり、定期的にシャンプーする事で抜け毛対策ができます。

チベタンスパニエルの被毛の色はとても豊富です。

ホワイトゴールドブラックブラック&タンレッドフォーンセーブルトライカラー

これらが代表的なチベタンスパニエルの色で、豊富なカラーの中から好みの色を探す事ができます。

チベタンスパニエルを飼う場合の注意点

チベタンスパニエルは、基本的にとても飼育しやすい犬種です。運動量もそれほど気を使う必要は無く、毎日軽く20分くらい散歩に行けば十分です。

ただ、チベタンスパニエルには警戒心が強いという特徴があり、吠えやすい傾向にあるので、散歩中に他の犬や人に対して吠えてしまう場合があります。チベタンスパニエルの吠えるという行為は、持って生まれた性質なので、そこをよく理解してあげることが必要です。

そのためチベタンスパニエルを飼う場合、「吠えないようにする」しつけが必要になります。番犬として飼う場合、吠えて良い時とダメな時などを、しっかりと区別できるようにしておくことが重要です。

元々チベタンスパニエルは、魔除けとしてチベットの寺院などで飼われており、大切に扱われ飼われていた犬種です。その頃の名残が今でもあるので、しつけをきちんとしてやらないと、頑固で言う事を聞かない犬になってしまい、吠えたい放題になるかもしれません。叱ってもシュンとならない、ともよく言われていますが、そのせいで過剰に叱ったり体罰を与えたりしないように注意しなくてはいけません。

チベタンスパニエルに限らず、犬は怒鳴りつけても逆に褒められたと勘違いをすることがよくあります。吠えた時に嫌な気持ちがするようにしつけをする事が肝心で、時間は掛かりますが、根気よく、吠えないようにトレーニングを行う必要があります。

まとめ

チベタンスパニエルは、飼い主さんや家族にはとても忠実で、愛嬌たっぷりの可愛い小型犬です。見た目は鼻ぺちゃ系で、長い被毛に覆われていて、尻尾までフサフサなのが特徴です。

チベタンスパニエルは警戒心が強く、番犬向きの性格なので、知らない人に対して吠えやすい傾向にあります。チベタンスパニエルの性質をよく理解した上で、家の環境に合ったしつけをしていきましょう。