旅行が搾取に加担? 観光と現代奴隷制の関係とは

写真拡大

著:Joseph M. Cheer(モナッシュ大学 Lecturer, National Centre for Australian Studies, Faculty of Arts)、Kent Goldsworthy(RMIT大学 PhD Candidate and Teacher - RMIT School of Global, Urban and Social Studies)、Leigh Mathews(ディーキン大学 Founder / Principal Consultant, Alto Global Consulting. Coordinator, ReThink Orphanages)、Shivani Kanodia(モナッシュ大学 Postgraduate Researcher in Sustainable Tourism)

 休暇は、それを取れる人は誰しも楽しみにするであろう恵みである。それは、欲求を満たし、リラックスし、気力を取り戻すための機会だ。これらをしながら世の中の為になれるのならそれより良いことは果たしてあるだろうか。

 しかし、旅行者を満足させるためのコストは、多くの場合、日の目を浴びない。現代の奴隷的な慣習は、途上国の観光供給のプロセスの中で特に明らかであるのに。

◆追い詰められた人々
 現代奴隷制とは借金による束縛や強制労働など、奴隷制度に近い行為や慣習のことを指す。それは、多くの場合、実力行使、詐欺や、自由のはく奪等を含んでいる。

 現代奴隷制とファッション・衣服業界、農業、そして家事との繋がりは広く知られている。これらは、追い詰められていて、略奪を受けやすい途上国の人々の中で盛んである。

 もちろんこれは、先進国が現代奴隷と無縁だということではない。オーストラリアでは連邦議会の委員会が現代奴隷法の制定を探索している。これは2015年にイギリスで現代奴隷法が制定されたのを受けてのものだ。これらの動きは国内および国際的なサプライチェーンでの現代奴隷へ対処するべきだという機運が高まっていることから来ている。

 現代奴隷制に対する意識は、先進国が世界中で一番低い。特段途上国では、先進国で消費される商品やサービスの生産のために、賃金が安い労働力が搾取されているのである。

 グローバル・スレイバリー・インデックス(訳:世界奴隷指数)によると、2016年時点で約4580万人もの人がなにかしらの現代奴隷制に苦しんでいる。そのほとんどは労働者の権利がしっかりと守られていない途上国で起こっている。

 国際旅行業界に関しては、その現代奴隷制との繋がりはおおむね無視されている。これはより持続可能、再生可能で誠意のある観光の形の奨励を以てしても起こってしまっている。

 観光業は多くの場合コミュニティをよくする持続可能な経済成長と結び付けられる。これは観光客にお金を最大限に使ってほしい政府によって奨励される。

 国際旅行は完全に良いとも完全に悪いとも言い切れない。しかしながら、効用をもたらす可能性以上に、観光と現代奴隷制との繋がりはほとんど取りざたされていないことを認識しなければならない。

 特に、この産業のために貢献している人々が直面する過酷な環境についての議論はなされていない。これは、特に労働者の権利や社会的公正に問題がある特定の観光業に多くみられる。

 奴隷と観光業の最も強いつながりは買春ツアーや孤児院観光、そしてサービス業のサプライチェーンでみられる。

◆孤児院観光
 誠意のある観光の発達は旅行者に、現地の人へ恩返しをする意識を向上させたが、日和見主義者が現れたことも間違いない。東南アジアでの孤児院観光ビジネスの大幅な増加はその証拠だ。

 世界中で、800万人もの子供が施設で暮らしていると言われているが、その80%以上の子供には親や家族がいるという。

 孤児院観光は観光客が孤児院を訪れ、お金や物を寄付するといったものである。生活援助施設でのボランティアをすることや、子供と関わることが「孤児院経験」の需要となる。子供たちは観光客の見世物となり、ケアを必要とする人というよりも孤児院というビジネス形態の一員となってしまう。

 より学術的な言葉を使うと、孤児院観光は同情の地理(geographies of compassion)に属する。これは、観光客がとる態度は社会的公正感に起因する道徳、倫理に基づいているというものである。

 国際観光業と途上国の孤児院との関係はずる賢いマーケティングと旅行者の良心に訴えることで成り立っている。マーケティング努力は観光客を数時間から1日、ないしは数日間の間孤児院に滞在させる。また、過去の訪問者の熱烈な体験談と共に、感情に訴える写真や説得力のある表現によって孤児院に人々を呼び寄せているのだ。

 良心や募金や助けたいという精神は孤児院観光産業に不可欠な要素である。多くの場合、観光客は、自分たちが「解決策」の大切な部分を担うような「問題提起」を作り上げる。こうして、不覚にも旅行者は、子供たちの福祉を犠牲にして孤児院の所有者に利益をもたらすビジネスモデルに加担してしまうのである。

 多くの人はこのように不徳な運営者によって運営されている、利益のために子供たちから搾取をするような「悪い」孤児院によって、「良い」孤児院の貢献までも台無しにするべきではないと主張する。しかしながら、良い孤児院など存在せず、それは多くの場合、最高級の託児所である。これらは高品質な生活援助を行うだけに過ぎない。

 12歳以下の子供にとっては施設よりも家族ベースのケアのほうが良い。孤児院が募金やボランティアによって支えられることによって、子供にとっての一番の利益が損なわれるのである。

 子供たちは最悪の場合、強制労働、物乞いの強要、人身売買や買春ツアーによって搾取される。そうでなければ、搾取は強制的にボランティア参加者の接待をさせられたり、プライバシーを侵害されたり、精神的そして性的な暴行を受けるリスクが増えたりといった形で行われる。

 途上国での孤児院観光の発達を受け入れる前に、家族や共同体が通常不在であることは考え直さなければならない。このような観光を解決策として奨励するのではなく、孤児院に行くことはとても多くの場合現代奴隷的な状況を作り出すということが強調されるべきである。

◆解決する責任は共有されるべきだ
 孤児院観光を食い止めるには、国家政府、非政府組織、観光業界の間の同調と協力が必要である。国際観光業界の需要面と供給面双方の、国境を越えた協力とコミットメントが必要となってくるのである。

 解決策は、孤児院体験への観光客の需要を減らすことにある。子供たちは観光客のための見世物ではない。

Children living or studying in schools, orphanages or slums shouldn’t be exposed to tourist visits. Protect children and travel responsibly. #ChildSafe

A post shared by ChildSafe Movement (@childsafemovement) on Mar 15, 2017 at 11:40pm PDT

 政府と業界と共に、観光客にも大きな責任がある。人々には、自らの旅行が倫理に沿って作られたものであり、生産者の権利が守られていることを確認する必要がある。

 2017年は持続可能な観光国際年である。孤児院観光というただれた傷は早急な治療を必要としている。子供たちは社会で最も脆弱な存在で、彼ら彼女らの未来を犠牲にした発展など無益だ。

 観光客も政府も国際観光業界も皆責任を負っている。途上国の孤児院を訪れる需要が存在し続け、それを止めるための努力がなされない間は、供給者が出てくることになるだろう。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by AnthonyTG