会見で話すハリス司令官=22日、平沢(共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪問しているハリス米太平洋軍司令官、ハイテン米戦略軍司令官、グリーブス米国防総省ミサイル防衛局長が22日、ソウル南方の在韓米軍烏山空軍基地で共同記者会見を開き、米国の強力な対韓防衛公約を改めて示した。

 会見でハイテン司令官は「米国の戦略司令部が持っている、北朝鮮の挑発を抑えられるあらゆる資産(兵器)を朝鮮半島に提供する」と明言した。

 同司令官は「ミサイル防衛システムを含む、全てのオプションを考慮している」とし、「われわれは韓国と力量を共有し、北朝鮮のミサイル挑発に対応する」と強調した。

 ハリス司令官ら3人は韓米軍が21日に開始した合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)の視察のために来韓しており、会見にはブルックス在韓米軍司令官(韓米連合軍司令官兼務)、金炳周(キム・ビョンジュ)韓米連合司令部副司令官も同席した。

 ハイテン司令官は、長距離戦略爆撃機を含む戦略兵器の朝鮮半島への展開を担当している。太平洋の作戦地域を管轄するハリス司令官は、朝鮮半島有事の際に米国の増援戦力の展開を指揮し、グリーブス局長は米ミサイル防衛(MD)戦力増援に関与する。

 有事の際に朝鮮半島の安保に重要な決定権を持つ3人が同時に来韓するのも異例だが、全員が出席して記者会見を行うのは異例中の異例だ。

 ハリス司令官は「米国が地域防衛を行えない姿を見せるのは想像もできないことだ」とし、「米国はいつでも地域を防衛できる態勢を備えている」と述べた。

 21日にマラッカ海峡東方で発生した米イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」とタンカーの衝突事故を受け、作戦が中断されたことに対しても「米国と同盟国の保護は続ける」とし、「米国は同盟国を防衛できる十分な準備態勢が取れている」と説明した。

 ブルックス司令官も「軍事演習によって全てのオプションを可能にできる。演習を通じて、できるだけ多くのオプションを準備するのが重要だ」として、持続的な韓米連合演習の必要性を強調した。

 記者会見は、有事の際に北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオットの発射台2基の前で行われ、北朝鮮の挑発に対する強い意思を誇示した。

 ハリス司令官は「現在、朝鮮半島での北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による問題を解決するためには外交的解決策が重要だと考える」とし、「強力な外交手段は強力な軍事力が後押ししなければならない。われわれは軍事力で外交力を支援する」と力説した。

 ブルックス司令官も「北朝鮮の脅威は実質的に致命的で、われわれが対抗する時、北朝鮮も大きな損害を受ける」とし、「このようなことが起こらないように政治的、外交的、経済的手段を用いて状況を抑制しなければならない」と力を込めた。

 司令官らは記者会見を終えた後、ヘリコプターで米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備先である慶尚北道・星州の在韓米軍基地を訪問した。

 この訪問は、THAADの発射台4基の基地への追加搬入を含め、THAADの完全配備を速やかに終えなければならないとのメッセージだとの観測も出ている。

 韓国政府は北朝鮮による先月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」発射を受け、THAADの発射台4基の追加臨時配備を推進している。

 韓国国防部は周辺住民を説得して発射台4基を臨時配備し、約70万平方メートルの用地に対する一般環境影響評価を経て、THAADの最終配備の是非を決定する方針だ。