いつの時代にも最低な男性はいるものです。そうした男性に引っかかりたくはないですが、相手のうまい誘いや、自分の隙もあって都合のいい女に成り下がってしまうことも。

一見幸せそうに見えるカップルも、彼の年齢がまだ若かったり、遊び癖が抜けない場合は、女性側が苦労することもあるでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

今回は、そんな最低男たちのゲスすぎるエピソードを、女性たちにリサーチしたのでご紹介します。

 

■いろいろな女の子と付き合いたい

「いま思うと、“なんであんな男に惚れていたんだろう?”って思うんですが。その彼が“いろんな女の子にモテたい”“そのなかから、自分好みの相手を選びたい”と言っていたのは、いまだに忘れられません。」(28歳/女性/販売)

よっぽどモテることに自信があったのでしょうか。アラサーにもなれば男性も落ち着いて、そろそろ結婚を視野に入れた相手を見つけたいと思うもの。

でも、なかには遊び足りなったり、比較的モテる男性は、いろんな女の子と関係を持ちたいと思うのかもしれません。とはいえ、こうしたゲスな男性とは、遊びと割り切った大人な関係でない限り、こっちから願い下げが賢明でしょう。

 

■彼女がいても、ほかの女性とヤリたい

「同棲している彼のパソコンを見ちゃったんです。履歴を見たら、出会い系サイトでエッチする相手を探していたみたいで……。“ほかの子とエッチしたいんだ”とわかったときは、ショックでしたね。」(27歳/女性/販売)

「彼女以外の女の子とエッチしたいから」と、浮気をしてしまう不誠実な男性もいるのですね。彼女との関係に不満があるのか。それとも、単に女好きなのか――。男性の浮気の原因は、ほかの女の子への目移りが専らだと思います。

心変わりを防ぐことは難しいですが。彼が普段思うようなエッチができていないのなら、あなたが積極的に彼のしたいプレイをしてあげると、浮気防止になるかもしれません。

 

■家デートでだらだらエッチしたい

「彼女が嫌いなわけじゃないんです。でも、仕事で疲れていると、明日のデートが面倒になって、“家デートなら……”って思うことが、何度もあります。“ダラダラと過ごして、エッチできれば最高!”なんて、彼女の前じゃ言えませんけどね(笑)」(28歳/男性/サービス)

彼女への愛情が薄れてしまったのでしょうか。本気で好きな女の子なら、仕事で疲れていても「デートに連れて行ってあげたい」と思う男性は、決して少なくないでしょう。

もし、彼の仕事疲れが溜まっている場合は、相談して日を改めるか。「夜にご飯を食べるだけでも」と、デートの内容を調節するとか。彼がこう思ってしまうのは、ふたりの関係が充実していないからかもしれません。

お互いの気持ちに寄り添いながら付き合えているか、関係を見直してみましょう。お互いにとって相手がどういう存在なのか、ちょっと考えられる余裕が持てるといいですね。

 

男性がゲスになのは元からなのか、それともふたりの付き合いが原因なのか。ちょっと気持ちを落ち着かせて、ふたりの幸せについてよく考えたいものです。

【画像】

※  DenisProduction.com/shutterstock

【関連記事】

※ 燃えるぜッ!久しぶりのエッチを盛りあげるアイディア

※ うそっ…最低!男が「本命or遊びのエッチ」で差をつけるコト

※ 体目当て?「真面目に付き合おうとしない」ゲス男の本音

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【独身寮のワナ編】

※ やべっ…見られた!「二股ゲス男」がやらかした修羅場LINE

※ あわよくば…!ゲス男が狙っているエッチな展開