北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、「米国の敗北は確定的である」と主張する論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、米国が「史上最悪の反共和国制裁・圧迫騒動を起こしたのはわれわれをなんとしても圧殺してみようとする帝国主義的腹黒い下心の発露である」と評した。

また、「これまでの数十年間、米国主導下に数回にわたってつくり上げられた国連の『制裁決議』によって世界で最も苛酷な制裁を受けている中で、わが軍隊と人民は自主の道、先軍の道、社会主義の道だけが勝利の道であることを信念として刻み付けた」と強調した。

さらに、「こんにちもやはり、米国の敗北は確定的である。領袖は人民を信じ、人民は領袖を信頼して従い、一心同体となって固く団結して進む一心の隊伍にかなう力はどこにもない」と主張した。

そのうえで、「われわれの勝利的前進を阻める者はこの世にいない」と述べた。