オーストラリア・クイーンズランド州にあるオーストラリア動物園で生まれた白いコアラと母親(撮影日不明、2017年8月22日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリア・クイーンズランド(Queensland)州サンシャインコースト(Sunshine Coast)の動物園で、大変希少な白い毛のコアラが誕生していたことが分かった。同園スタッフが22日、明らかにした。

 白いコアラが生まれたのは「オーストラリア動物園(Australia Zoo)」で、1月に誕生した。飼育員らによると、白い毛は母親の「ティア(Tia)」からの劣性遺伝によるものだという。

 同園の獣医療の責任者、ロジー・ブース(Rosie Booth)氏によれば、白や淡い色の毛で生まれてきた動物もいずれそうした毛は抜けてしまい、成長とともに一般的な色へと変わっていく。

 また、環境によってもコアラの毛の色は薄いグレーから茶色まで異なり、豪南部のコアラは北部のものより色が濃い。ただ、ブース氏によると白いコアラは大変まれで、野生で生まれていたら捕食動物に見つかりやすく、「極めて不運」だったかもしれないという。
【翻訳編集】AFPBB News