浦和監督「失点を減らせている」と手応え ACL8強川崎戦に向け「選手を信じたい」

写真拡大

堀監督就任以降の4試合で3失点と着実に成果 「自信を取り戻している」

 浦和レッズの堀孝史監督は、23日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝で日本勢対決となる川崎フロンターレ戦の前日会見に臨み、「多くを働きかけるよりも選手を信じたい」と選手たちへの信頼を語った。

 浦和は7月29日のリーグ第19節コンサドーレ札幌戦後にミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、堀コーチが昇格する形で監督交代に踏み切った。就任から約3週間、スルガ銀行チャンピオンシップを含め公式戦4試合の指揮を執ってきた堀監督は、チーム立て直しへの手応えをこう語っている。

「失点が多かったものを減らすことに取り組んできています。難しい時間帯も試合のなかであるんですが、失点を減らせているところは手応えを感じています。(攻撃は)言葉を掛けることもそうだし、トレーニングで今までの形が出るようなものを取り入れています。感覚を思い出して自信を取り戻しているので、そういった部分も明日は出していきたい」

 浦和はペトロヴィッチ監督が指揮したなかで、昨季はリーグ最少失点を記録したにもかかわらず、今季はより攻撃的なバランスでの試合運びに取り組んだが結果を残せなかった。大量得点を挙げる一方で不安定な守備を改善するため、就任してからはコンパクトな守備とカバーリングの徹底、前線から最終ラインまでの距離感といった修正に着手。就任から4試合で3失点と、着実に成果を上げている。

7月に川崎戦1-4大敗、試金石の一戦に

 しかし、守備崩壊の象徴とも言えた試合がリーグ戦で7月5日に対戦した川崎戦でもあった。前半から良いように最終ラインを崩されて1-4の大敗を喫した過去がある。そうした意味では、堀体制に入っての守備の再構築に対し、試金石のゲームになる。

 堀監督は川崎について「Jリーグ3連勝で勢いがあり、攻守に力がある相手なので難しいゲームになる」と、警戒感を語りゲームを楽観視していない。しかし、2011年のシーズン途中での監督就任を皮切りに、12年のペトロヴィッチ体制発足以降はコーチとして見守ってきた選手たちへの絶大な信頼を口にする。

「積み重ねてきたものと準備したものを出していきたい。2試合で勝ち上がりが決まるレギュレーションなので、それも踏まえてゲームを進める必要がある。選手にはACLに対する強い思いがあるので、多くを働きかけるよりも選手を信じたい。第2戦をホームで戦えるので、それにつながるようなゲームをして明日を終えたい」

アジアの舞台での日本勢直接対決は、チーム状態は川崎の方が上という下馬評が根強い。しかし、Jリーグとは違うアジアの舞台という点でのモチベーションに堀監督は信頼感を見せている。攻撃力では国内でも浦和と双璧の川崎をアウェーで受け止め切れるか。9月13日の第2戦は浦和サポーターの絶大な後押しが受けられるホームで迎えるだけに、アウェーの第1戦は耐えることからのスタートになりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web