世界へチームを発信できると意気込む浦和のFW李忠成「人に感動を与えられるような試合に」《ACL2017》

写真拡大

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。

▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和のFW李忠成が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。

◆FW李忠成(浦和レッズ)

「まずはACL、アジアのベスト8という舞台に立てる喜びを噛み締めながら明日は試合をしたいと思います。僕たちはアジアのベスト8で日本勢が対決するということには何かしら意味があると思います」

「僕たちの試合を見て、日本だけでなくアジアの子供たちが日本てこんなに面白いサッカーをするんだ、すごく楽しい試合だったねと言えるような、人に感動を与えられるような試合をして、お互いに良い試合をして2ndレグに向かいたいです。僕たち浦和レッズがベスト8を勝ち上がれるように、1stレグでしっかりとポイントを獲っていきたいと思います」

──等々力での川崎F戦というとJリーグでもやっているが、ACLだと特別なものはあるか

「僕たちからしたら、年に1回はやるスタジアムなので、やり慣れている部分はあります。Jリーグとの雰囲気の違いはピッチに立ったら同じサッカーなので、そこまで変わらないと思いますが、勝ち上がったら世界に浦和レッズというチームがこんなチームだと発信できる素晴らしい機会です」

「今日明日で立てる舞台ではないと思っているので、ベスト8で勝って、ベスト4で勝って決勝に出るというのは、チームの歴史を作るという意味でも大事な一戦になると思います」

「1stレグ、2ndレグの合わせて180分のゲームなので、180分の中でしっかり僕たちが勝ち上がれるプランニングやコンディションが整っています。とても良い試合ができると思います。相手の川崎も素晴らしく、アジアの中でもポゼッション率が一番高いチームだと思います。素晴らしい選手たちのクオリティとパスワークや攻撃のスタイルがあるので、選手としても楽しみです」