ACLで初指揮となる浦和の堀孝史監督「2ndレグにつながるような試合を」《ACL2017》

写真拡大

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。

▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった準々決勝。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和の堀孝史監督が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。

◆堀孝史監督(浦和レッズ)

「明日の対戦相手の川崎フロンターレというのは、ここ最近のJリーグで3連勝して勢いがあります。攻守において、攻めの姿勢を強く出してくるチームだと思います。力のある相手なので、難しいゲームになると思いますが、自分たちは今まで積み重ねて来たもの、それと準備して来たことしっかり出して良いゲームができたらと思います」

「ホームとアウェイの2試合で次への勝ち上がりが決まるレギュレーションなので、そのことを踏まえながらゲームを進めていく必要はあると思います」

「選手たちはACLに懸ける思いというのが強いです。こちらが多くを働きかけるというよりも、選手たちを信じて明日のピッチで躍動してくれると思っています。第2戦をホームで戦えるということがあるので、そのゲームにつながるような試合をしたいと思います」

──ここまで指揮を執って得ている手応えは

「失点が多かった部分を減らさないといけないということで取り組んで、難しい時間帯も試合の中ではありますが、失点を減らせている部分は手応えとして感じています。また、今までやって来た攻撃の部分も選手たちが感覚を取り戻して、自信を取り戻しながら出て来ているので、明日はその辺りを期待しています」

──攻撃に関して前のスタイルを思い出させるにあたってどんなことをしているか

「選手への声掛けや、その週のトレーニングで今までやって来たことが出せるようなメニューをやっています。選手たちがどれだけそう思っているか分からないですが、そういったものを取り入れているというのがあります」