ACL8強“日本勢対決”へ、川崎監督「攻撃的にやりたい」 浦和は「全く別のチーム」と警戒

写真拡大

準々決勝前日会見に川崎の鬼木監督と主将の小林が出席

 AFCチャンピオンズリーグの準々決勝、日本勢対決となった浦和レッズとの第1戦を前に、川崎フロンターレの鬼木達監督と主将のFW小林悠が前日会見に臨んだ。

 川崎はACLでの過去最高がベスト8だが、鬼木監督は「タイトルが全て。そこに行きつかないとチャレンジが成功とは言えない」と、通過点であることを強調した。

 川崎はグループステージを4試合連続ドローでスタートしたが、ラスト2戦で勝利して決勝トーナメントへ。ラウンド16ではムアントン・ユナイテッド(タイ)に2戦合計7-2と圧勝して、この舞台に駒を進めた。尻上がりに調子を上げてきたチームは、7月5日のリーグ第13節での浦和との直接対決では4-1と圧勝している。

 しかし、その後も失速が続いた浦和はミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を解除して堀孝史コーチが監督に昇格。そこからスルガ銀行チャンピオンシップを含め、公式戦4戦無敗の3連勝と調子を上げている。鬼木監督は「監督が代わってから結果が出ている。自信を取り戻してきている印象があり、守備のところが整理され始めてコンパクトになっている」と浦和を分析した一方で、「そこのところは我々の攻撃で突けるところもあると思っている。我々は攻撃的にやりたい」と自信を見せた。

 そして「全く別のチームだと思っている。前回とは人も違うし、システムも違うし、マインドも変わっていると思う。前回の対戦は全く頭に入れず、新たなチャレンジとして戦っていきたい」と強調した。

「ベスト8が壁という意識はない」

 川崎はこれまでACLではベスト8が最高成績と、一つの壁になっている。それを打ち破るための一戦が“日本勢対決”となったことについて小林は「ACLは他の国のチームとやる面白さや経験があるので、中国の方が良いと思ったが、日程を考えれば連戦なので日本で良かった」と苦笑したが、同時に「ベスト8が壁という意識はない」と過去の成績については気にならないと話した。

 また、鬼木監督も「まず今年、タイトルをとにかく目指そうとスタートしている。そういう意味ではACLもその一つ」とした上で、「日本を代表して我々が進みたいと思っている。一歩一歩、自分たちが進んでいきたい。ベスト8というのは、自分たちのチャレンジという点で順調にはきている。ただ、タイトルが全て。そこに行きつかないと、チャレンジが成功とは言えないと思っている」と、あくまでもこの舞台を通過点として捉えていることを話した。

 ホームで迎える第1戦に、両者とも「アウェーゴールは気になる」としたものの、あくまでも攻撃的に勝利を目指すことを強調した。立て直しを図っている途上にある浦和の守備組織に対し、川崎の攻撃力が爆発するのかどうか、注目の一戦になることは間違いない。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web