メッシ獲得を否定しなかったペップ

写真拡大

21日月曜日、ペップ・グアルディオラはマンチェスター・シティによるレオ・メッシ獲得の噂を否定することはなかった。

【関連記事:マンC発表 メッシ獲得の是非】

シティ監督グアルディオラはプレミアリーグのエバートン戦に引分けた後に「もし、メッシ獲得に3億ユーロ(約385億円)払う気のあるチームがあるのであれば、それは支払い能力があって彼を欲しいと思っているからであり、支払いに応じるだろう」

グアルディオラはシティがメッシ獲得のために破格の移籍金を支払う可能性について否定することはなかった。これは『Canal+』によって20日日曜日に報道されている。現在のメッシとFCバルセロナの契約は2018年6月までであり、2021年までの契約更新にまだサインしていない。

すでに先週の18日金曜日にシティ会長のカルドゥーン・アル・ムバラクは、名前は挙げていないものの史上最高額の契約をすると発表している。なお、これにはアレクシス・サンチェスの名前も上がっており、移籍マーケットが閉まる9月1日までは目が離せない。