BMWと共同開発中のトヨタ『スープラ』の最終プロトタイプを捕捉しました。

相変わらずカモフラージュが重くディテールは不明ですが、ヘッドライトに注目です。デイタイムランニングライトとして機能するフルLEDストリップライトを初めて装着しており、開発最終段階に入っていると思われます。

BMW 『Z4』次期型とプラットフォームを共有するスープラは「80スープラ」のデザインを継承しつつ、「FT-1コンセプト」から意匠を得たグラマラスなボディを特徴としています。

BMW「Z4」に設定されるであろう「MT」モデルはないのが残念ですが、ZF製8速ATにより、スムーズで快適なスポーツカーの走りを実現するはずです。

パワートレインは、最高出力200psを発揮する2リットル直列4気筒ターボ、及び最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ターボがラインアップされ、ハイブリッドモデルの設定はなさそうです。

価格は2リットルモデルが500万円〜600万円、3リットルモデルが700万円〜800万円程度と予想しています。ワールドプレミアが噂される東京モーターショーまであと僅か。公開前に軽偽装プロトタイプの姿を狙っています。

(APOLLO)

LEDストリップライトを装着。トヨタ次期スープラ市販型最終プロトタイプ、遂に登場!(http://clicccar.com/2017/08/22/502988/)