テロの被害者を救助したディニュ

写真拡大

ルカ・ディニュはランブラス通りで起きたテロにおいて無名のヒーローの1人となっている。FCバルセロナに所属するディニュはテロが起きたあとにタオルや水とともに家を飛び出して犠牲者の救助に当たったと『RAC1』が報道している。

【関連記事:バルサの街でテロ事件発生】

ディニュはカタルーニャ広場近郊を気に入り、妻のティジリとともに最近引っ越していた。そして、テロが起きた日はバルサのトレーニングが休みの日であり、躊躇することなく通りに飛び出して負傷者などの救助にその他の一般市民と同じように当たっている。

8月17日の賞賛に値する行動のあと、彼はSNSで下記のようなハートマーク、バルセロナの文字、祈りのマークを投稿している。