アトレティコ、レアルの有望株M・ジョレンテに関心…しかし解除金は250億円

写真拡大

 アトレティコ・マドリードがレアル・マドリードの元U−21スペイン代表MFマルコス・ジョレンテの獲得を狙っているようだ。スペイン紙『アス』が22日に伝えている。

 同紙によると、アトレティコ・マドリードは昨シーズンリーグトップのタックル成功数を記録したというM・ジョレンテが、クラブの中盤に完璧にフィットするとして獲得を狙っているという。今夏にアトレティコ・マドリードからレアル・マドリードに移籍したフランス人DFテオ・エルナンデスの交渉の際にも議題になったようだが、補強禁止処分を科されたことによって取りやめになっていたようだ。

 ここにきてM・ジョレンテ獲得の話が再浮上したようだが、交渉は難しいものになりそうだ。現在同選手の契約解除金は2億ユーロ(256億円)に設定されており、この金額でのバイアウトは事実上不可能。移籍金のすり合せが必要になってくるようだ。

 同紙によると、選手本人もアトレティコ・マドリードからの関心を知っており、移籍に前向きだという。現在22歳のM・ジョレンテは昨季レンタルで加入したアラベスで脚光を浴び、今夏にレアル・マドリードに復帰。しかしブラジル代表MFカゼミーロ、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチとポジションを争わなければならず、出場機会の減少が予想される。仮に今夏の移籍が決まったとしても、アトレティコ・マドリードでプレーできるのは2018年の1月からになる。