生理は女性にとって、切っても切り離せないもの。でも、毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女」だけとは限りません。

性別に関係なく、生理がくる全ての人が気兼ねなく履けるように。そんな思いで、新たな生理用パンツが誕生しました。

「誰」でも履ける
ボクサータイプ

シカゴ発の「pyramid seven」は、誰が履いても違和感のないデザインになっています。

見た目は普通のボクサーパンツですが、クロッチ部分は一般的な生理用ショーツと同じ仕組みに。二重になっており、羽付きのナプキンもつけられます。

「女性向け」の生理用パンツ
しかないのはおかしい

性のかたちが多様化している世の中で、生理用パンツはいわゆる「女性用」しかない。開発者であるMichelle JanayeaさんとZipporah Jarmonさんは、そんな現実に違和感を覚え、このパンツを開発したそう。

ふだんから「女性用」の下着を履かない人にも、生理がくる人はいるはず。そんなシチュエーションでも快適に過ごしてほしいという願いからデザインされた下着です。

現在、商品ページには、SOLD OUTの文字がたくさん。これまで人知れず悩んでいた人たちを、おおいにサポートしていると言っていいでしょう。

Licensed material used with permission by pyramid seven llc