【値下げ交渉実録】Macbook Proを5万円安く買う方法

写真拡大

Apple製品は通常値引きが効かず、量販店では定価で購入するのが当たり前とされてきました……が! 編集部員が体当たりで大手家電量販店に交渉をしたところ、交渉に応じてくれた店舗を発見。その顛末をご報告いたします。(当記事はMONOQLO誌2017年7月号記事を転載しております)


Macbook Proが
実質5万円安く買える!?


家電量販店では、交渉次第で表示価格よりも値下げしてもらえることが珍しくありません。PCのように高価格帯の製品を購入する場合はその影響も大きいだけに、ダメでもともと、トライしてみたいもの。

しかし、その対象がApple製品の場合「定価製品だから値下げしてもらえない」という定説が蔓延しています。

果たして、それは本当なのでしょうか?

今回、家電量販店の大手3社、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機の売場を実際に訪ね、Macbook Pro の値引き交渉を行ったところ、定説を裏切る結果が出ました。その一部始終をご報告いたします。

ちなみに、おねだりしたマシンはこちらです。



Apple
Macbook Pro Retina 15inch
公式HP価格:30万1104円(※検証時)
メモリ:512GB/16GB
15インチ・Touch Bar搭載モデル


ヤマダ電機+価格コムが
Mac値下げの黄金ルート


ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機にて、編集部員が行った値下げ交渉の武器は「価格コム」です。



(公式サイトより)

ご存知、商品毎の日本最安値を参照できるサイトです。ここで表示されている価格を元に「こっちだと、これだけ安いんだけど、どうにかなりません?」というのが基本的な戦術です。

これは、他の商品を購入する際にも有効な手段ですので、ぜひお試しください。店員さんから「あ、価格コムっすか」などと言い出して、交渉がスムーズになる可能性が大です。

……話を本題に戻します。

まず訪れたビックカメラ、ヨドバシでは、まったく交渉にならず、元々の売値と還元率は変わりませんでした。

ですが! 最後に訪れたヤマダ電機で交渉をしたところ、価格こそ変動はなかったものの、還元率が5%から13%へと大幅UP! 公式サイト価格と比較すると、実質5万円もの値下げに成功したのです!

結論をまとめるとこうなります。



「ヤマダ電機+価格コム」がMacbook購入の黄金ルートであることは明白です。



(写真はビックカメラです)

ちなみに、これは何もApple製品に限った話ではありませんが、交渉する際はベテランのスタッフを相手にすることがポイントです。若手の販売員だとなかなか値引きしてくれないことがあるのです。

家電量販店ならどこでも同じ、とあきらめず、ぜひチャレンジしてみてください!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。