ベジポップ

写真拡大 (全2枚)

ミスタードーナツは、タニタと共同開発した野菜ドーナツ「ベジポップ」を8月25日から2月下旬まで販売する。

「ベジポップ」には、赤・黄・緑それぞれの生地色にあった野菜のパウダーを練りこみ、豆乳ホイップにそれぞれの色に合った野菜とフルーツを使用したクリームをサンドした3種のドーナツが登場。「いちごとトマト」は、にんじんパウダーを練りこんだイースト生地に、いちごとトマトの豆乳ホイップをサンド。「りんごとにんじん」は、かぼちゃパウダーを練りこんだイースト生地に、りんごとにんじんの豆乳ホイップ、「パインとほうれんそう」は、こまつなパウダーを練りこんだイースト生地に、パインとほうれんそうの豆乳ホイップを挟んでいる。

クリームにフルーツをバランスよく入れることで野菜を食べやすくしているという。また、ドーナツのサイズは、「1個食べるには罪悪感があるがドーナツが食べたい」という人でも食べる量をコントロールすることができるよう、通常のドーナツに比べて小さい直径約5センチとなっている。

また、同時に「ベジポップ」とグリーンスムージーやスープを合わせた「タニタ監修 おやつセット」「タニタ監修 スープセット」も「タニタとミスドのおすすめセット」として販売する。今回のコラボは、タニタの「“こころの健康”づくりには適量のおやつも必要」という考えと、ミスタードーナツのアレルギーや健康が気になる人も楽しめる「からだに にじゅうまる」のコンセプトが一致したことにより実現した。