8月21日、文京区の護国寺で世界初の国際自動車連盟(FIA)公認ドリフト世界大会「FIA Intercontinental Drifting Cup」の概要発表会が行われました。

「FIA Intercontinental Drifting Cup」は、日本から世界に広がったドリフト競技を統一したルールの下で行い、世界一を決めるというもの。これはF1やWECなどを管轄するFIAが正式に公認した世界大会で、9月30日から10月1日、東京のお台場で初開催されます。

この「FIA Intercontinental Drifting Cup」のプロモーター権を獲得した株式会社サンプロスの齋田功さんは、冒頭の挨拶でFIA制作のビデオ映像を紹介。「この映像は、FIAが世界各国213の自動車連盟に配布したもの。ここでFIAは『ドリフトをみなさんの国でも始めませんか』と伝えています」と説明。つまりFIAはドリフト競技を入門しやすいモータースポーツカテゴリーとして普及を目指している、ということなのです。

FIAではパリの本部にドリフト部会(FIA Drifting Working Group)を設置し、世界大会の開催とドリフト競技の普及を真剣に考えているとのこと。

そのFIA Drifting Working Groupから代表のプラサアト・アピプンヤさんがFIAを代表しての挨拶。この中ではFIAがいかにドリフト競技に期待しているかが語られました。

そしてFIA会長のジャン・トッドさんのビデオメッセージも披露。これだけでもFIAが本気で取り組んでいることがうかがえます。

 

また注目の出場選手も発表され、15カ国から計26選手が参戦します。日本からは川畑真人選手、藤野秀之選手、齋藤太吾選手、横井昌志選手が参戦。

 

発表会には川畑真人選手と参戦マシンである日産GT-Rも参加。実は川畑選手はこのGT-Rとともに前日の20日にD1グランプリ第6戦エビスを戦ってからの発表会参加。

発表会後半にはゲストを招いてのトークショーも行われ、その中でドリフト競技の第一人者である土屋圭市さんは「30年前は「ローリング族」とか「暴走族」とか言われてニュースなどで(悪い方に)取り上げられていましたが、そこから2000年にサンプロスと一緒に「彼らを日の当たる場所に出そう」「モータースポーツとして認めてもらおう」とJAFに働きかけて2002年からD1GPを始めて、そこから17年かかってFIAにも認めてもらった。もうこれ以上の幸せはありません」とコメント。

またゲストとして参加した日産自動車商品企画部チーフプロダクトスペシャリストの田村宏志さんは「日産は過去にはこのジャンル最大のシェアを誇っていたので大いに期待しています」とコメント。

将来的には世界選手権も目指すという「FIA Intercontinental Drifting Cup」。その記念すべき第1回は9月30日から10月1日、東京のお台場特設会場。どんな戦いが繰り広げられるのか、今から楽しみでなりません。

[開催概要]

名称:FIA Intercontinental Drifting Cup(FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ)
開催日時:9月30日〜10月1日
開催場所:東京都・台場特設コース
実施内容:FIA(国際自動車連盟)が新たに承認したモータースポーツ「ドリフト競技」の初めての世界大会
公認:FIA、JAF
主催:株式会社サンプロス、FISCO Club

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

FIA Intercontinental Drifting Cup 2017
http://fiadriftingcup.com/2017/

 

世界初となるドリフトのFIA公認世界大会・FIA Intercontinental Drifting CUPの概要が発表(http://clicccar.com/2017/08/22/503185/)