<未来の日本には、100歳を越える多くの高齢クリエーターとその創作活動を支えるたくさんの老荘オタクがつくり出す文化が花開く>

この夏、ロンドンの大英博物館で開かれた『北斎―大波の彼方へ―』展は盛況だった。会期はたっぷり3カ月もあったのに、入場券はすぐに売り切れた。会場内はラッシュ時の新宿駅に負けない混雑だったと聞く。

訪れた人々の年齢や人種・民族、国籍も多彩だった。もしも浮世絵師・葛飾北斎が生きていてこの様子を見たら、遠い異国での自分の人気に仰天したことだろう。彼が世を去ったのは明治維新の19年前、まだイギリスを訪れたことのある日本人が数えるほどしかいな
かった時代である。

北斎が見たらもっと仰天しそうな展覧会もある。伝説のロックバンド、ピンク・フロイドの足跡をたどる大回顧展だ(同じくロンドンのビクトリア・アンド・アルバート美術館で10月1日まで開催中)。その展示物の中に、「富嶽三十六景」中の名作『神奈川沖浪裏』をあしらったドラム・キットがある。72年のツアーで来日した際にドラマーのニック・メイソンがこの絵に感動し、特注したものだとか。

文化の産物には、時空を超えてはるか遠くまで旅するものもあれば、しばし大人気を博した後に忘れられていくものもある。衰えることのない北斎の魅力は前者の例、日本の文化的足跡に持続力がある証拠だ。あいにく日本の経済的足跡は(少なくとも相対的には)小さくなってきたが、北斎人気の持続力を生んだ要因を考察すれば、2050年の文化状況を予測する上で何らかの参考になりそうだ。

【参考記事】日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

時代と共に生きる芸術家

第1に、北斎の浮世絵はシェークスピアの演劇と同様、1人の作者が自分だけで生み出したものではなく、固有の文化的背景を持つ1つの時代の産物だった。北斎は高名な浮世絵師に師事したし、他の大物絵師からもさまざまな影響を受けていた。

そして絵師たちは、意欲的な版元や才能ある彫師・摺師たちで構成する高度な芸術インフラに依存していた。しかも一方には、彼らを支える資金力と暇と審美眼を有する人々がいた。ある意味では浮世絵もシェークスピア劇も、創作者と消費者の共同制作物だった。

第2に、浮世絵は花柳界のための娯楽と位置付けられていた。つまり高尚な芸術作品として認知されていたわけではない。現に北斎自身も、艶本の中の『蛸と海女』のような春画(江戸時代のポルノ画)を描いている。

だから、仮に江戸幕府が「クールヤマト」構想を打ち出してソフトパワーの輸出に取り組んだとしても、そこに浮世絵が含まれることはなかっただろう。実際、1860年代の日本に上陸した西洋人たちは、浮世絵版画に対する評価の低さに驚愕したという。

ピーター・タスカ(評論家)