ジャーナリスト・評論家の武田徹氏

写真拡大

 平成に区切りが来ようとしている。改めて平成という時代を考えるための本7冊をジャーナリスト・評論家の武田徹氏が選んだ。

 * * *
 今でも思い出せる。最初の著書を用意していた時、テレビは昭和天皇の深刻なご病状を刻々と伝えていた。その本が世に出た頃には元号が改まっていた。

 平成は平静な時代になるはずだった。国際的には冷戦が終わりつつあり、国内で筆者と相前後して社会デビューした若者たちは、全共闘世代と違って戦いも群れることも好まない無共闘世代と呼ばれ、人畜無害と目されていた。

 ところが「東西」冷戦構造が緩むと「南北」と「天地」問題が表面化。新自由主義とグローバリズムは南の途上国と北の先進国の経済格差を深め、天の論理を地で争う宗教紛争が多発する。国内でも格差化が進み、新新宗教が過激化した。加えて阪神と東北で震災が発生、原発事故まで起きた。普及したインターネットが世間の動きを良くも悪くも増幅し、歪ませた。

 結果的に平成は平静とは程遠い、騒々しく、諍いの絶えない時代となる。そんな時代を象徴する7冊を選んでみた。

◆連続幼女殺害犯「M」を語る
『Mの世代 ─ぼくらとミヤザキ君─』
大塚英志・中森明夫・他著/平成元年(1989年)刊/太田出版/中古価格

 平成元年8月、26歳青年が連続幼女殺害を自供。自宅に殺到した報道カメラはビデオテープが積み上げられた彼の自室を映した。M(宮崎勤)をメディアに包囲されて育った同世代の犠牲者として弁護した大塚英志と「オタク」の命名者・中森明夫の対談を軸に、いとうせいこう、香山リカなど若手(当時)が寄稿。

◆オウムと援助交際女子高生
『終わりなき日常を生きろ』
宮台真司著/平成7年(1995年)刊/ちくま文庫/本体640円+税

 平成7年7月、オウム真理教事件後に緊急出版された。輝きを失った社会の中では、「良きこと」を求めてさまよう良心が、サリンを撒いてまで変革を実現させようとする反社会的な選択に行き着く。むしろ援助交際女子高生たちのように「終わらない日常」をまったりと生き延びるしたたかな能力が必要と説いた。

◆「iモード」生みの親の奮戦記
『iモード事件』
松永真理著/平成12年(2000年)刊/角川文庫/本体457円+税

 転職情報誌『とらばーゆ』編集長がドコモに“とらばーゆ”。官僚主義的な社風の中で「7人の侍」を従えて奮闘。世界初の携帯インターネット接続サービス「iモード」を平成11年1月に立ち上げ、一躍時代の寵児となる。本書はその奮戦記だ。ガラパゴス携帯と揶揄されるのは彼女が颯爽と退職したはるか後だった。

◆実力主義の欺瞞を明らかに
『不平等社会日本』/佐藤俊樹著/平成12年(2000年)刊/中公新書/本体660円+税

 統計調査と分析を駆使してエリートの子しかエリートになれない階級閉鎖性を指摘。「一億総中流」と呼ばれ、結果の平等を重んじるとみなされていた常識的日本観を根本より覆した。努力すれば報われると信じる実力主義の欺瞞を20世紀最後の平成12年に示し、21世紀の格差社会論の嚆矢となった。

◆尖閣海域での国境警備の実情
『何かのために sengoku38の告白』
一色正春著/平成23年(2011年)刊/朝日新聞出版/本体1000円+税

 平成22年11月5日朝、テレビ画面は尖閣諸島沖で中国漁船に体当たりされる海上保安庁巡視艇の映像に席巻された。本書は、放送の元となった動画を仮名でYouTubeにアップした海上保安官(後に退官)の手記。国境警備の実情を国民に知らせたいという義憤に駆られた行動だったことが切々と綴られる。

◆原発作業員として働いた体験コミック
『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』
竜田一人著/平成26〜27年(2014〜15年)刊/モーニングKC全3巻/各巻本体580円+税

 事故翌年の平成24年から2年間、下請け作業員として断続的に福島第一原発の廃炉事業に携わった著者による報告。自ら観た“いちえふ”内部の光景を劇画タッチで描き、凡百の事故後ルポを凌ぐ臨場感、存在感を示した。マスコミや反原発運動家の伝える原発や周辺地域イメージの偏向をしばしば指摘する。

◆論議を呼んだ元少年Aの手記
『絶歌』/元少年A著/平成27年(2015年)刊/太田出版/本体1500円+税

 平成9年、神戸市の中学校正門に切断した小学生の首を置いた当時14歳の加害者少年が18年後に刊行した手記。犯罪に至るまでの内面心理が濃密な文体で描かれ、外から見えない更生教育や保護観察処分の実際、社会復帰後の生活が明らかになった。遺族心情を無視したとして刊行時に強い社会的反発を招いた。

※SAPIO2017年9月号