日本最大級の自転車フェス「サイクルモード」幕張メッセで - 初上陸のe-BIKE展示や試乗コーナーも

写真拡大

日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル「サイクルモード インターナショナル 2017(CYCLE MODE international 2017)」が、2017年11月3日(金・祝)から5日(日)まで、千葉・幕張メッセで開催される。

ロードバイクからクロスバイク、おしゃれな小径車まで、日常的な乗り物として普及が進んでいるスポーツ自転車。本イベントは、レースシーンで活躍するロードバイクやマウンテンバイク、そしてクロスバイクや小径車といったあらゆる車種の展示に加え、70〜90年代に活躍したヴィンテージバイクや、近年最注目を集めるハンドメイドバイシクルなどの企画展示エリア、さらに自転車の性能を存分に体験できる試乗コースの設置など、自転車のあらゆる魅力が詰まった体感型の自転車イベントとなっている。

日本初上陸のe-BIKEなど自転車の最先端を体感

国内の電動アシスト自転車の販売台数は右肩上がりで増加している昨今。特に2017年はロードバイクやマウンテンバイクのスポーツe-BIKEを国内メーカー・海外ブランド双方が市場に投入するなど、e-BIKE元年とも呼べる年だ。

「e-BIKE EXPO」エリアでは、海外で注目されている未来的な電動アシスト車の展示・試乗と併せて、e-BIKE先進国であるヨーロッパではどのようにスポーツe-BIKEを楽しんでいるかを紹介する情報発信エリア設置することで、次世代自転車の遊び方を提案する。

数多くの機能美が宿るヴィンテージバイクの展示

製造から永い年月を経てもなお魅力を放ち続ける自転車たち。より良い性能を追い求めて、進
化を遂げてきた自転車には、多くの機能美が宿っている。そんな自転車の進化の歴史を紹介する「ヴィンテージバイクマーケット」エリアは、最新ロードバイクとヴィンテージバイクを圧倒的スケールで見比べる事ができる、ヴィンテージバイクの愛好家はもとより、一般のサイクリストも楽しめるエリアとなっている。

ビギナー向けの各種講座や試乗コーナーも

そのほか、ロードバイクのビギナーを対象に、プロショップのスタッフが、楽しく安全に乗るための基礎知識をレクチャーしてくれる試乗レッスンコーナー、自転車ファンの憧れであり、日本が世界に誇るフレームビルダーが集結するハンドメイド バイシクルゾーンなど、ビギナーから本格派サイクリストまで、幅広いユーザーが楽しめるイベントとなっている。

開催概要

「サイクルモード インターナショナル 2017(CYCLE MODE international 2017)」
開催日時:
2017年11月3日(金・祝) 10:00〜18:00 ※販売店関係者 9:30〜 優先入場
2017年11月4日(土) 10:00〜18:00 ※販売店関係者 9:30〜 優先入場
2017年11月5日(日) 10:00〜17:00
場所:幕張メッセ 1〜4ホール
入場料:
<前売券>
前売券 1,200円、女性券 1,000円、2日券 1,900円
<当日券>
当日券 1,600円、WEB当日券 1,400円
※中学生以下無料
※チームキープレフト会員は期間中フリーパス
※価格は全て税込

【問い合わせ先】
サイクルモード事務局
TEL:03-3239-3155 (平日11:00〜18:00)


[写真付きで読む]日本最大級の自転車フェス「サイクルモード」幕張メッセで - 初上陸のe-BIKE展示や試乗コーナーも

外部サイト

  • アディダス「スタンスミス」のカスタムサービスから新スニーカー登場、素材・カラー・ソールを選択
  • 「餃子フェス SENDAI 2017」仙台で開催 - 東北初上陸、王道餃子やオシャレ餃子が集合
  • 京都競馬場で「関西ラーメンダービー2017」全国各地の有名ラーメン店集結