学生の窓口編集部

写真拡大

こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。

こんにちは。みなさんはテーマパークに行くことはありますか? デートで恋人と、休日に家族と……たくさんの方が足を運んだことがある場所だと思います。そんなテーマパークの環境作りをするのがテーマパークスタッフの仕事です。お客様に笑顔と喜び、そして最高の1日を提供するこの仕事。そんなテーマパークスタッフのアルバイトについて、今回は仕事内容ややりがいを紹介します。

■基本情報

ジャンル:スタッフ
仕事内容:接客
時給(交通費あり・なし):時給は1000円。交通費別途支給あり
シフト:10〜19時

■身だしなみについて

髪の毛は黒で派手なピアスはNG、制服貸出あり

■バイトで学んだこと

このバイトで学んだことはやはり、「お客様の笑顔のため」という徹底したマインドです。社員教育のレベルもかなり高いです。

仕事の内容はそれぞれ違えど、どの部署でもまずは基礎的なことを教わります。その基礎を守りつつ、自由に「お客様を喜ばすこと」を表現していいので、アルバイトでも個人が尊重される仕事環境だと言えるでしょう。とても働き甲斐のある仕事場でした。みな、仕事への意識がとても高いのでだらける人はほぼいませんし、いたとしてもみんなで注意しあい、常にテーマパークをよりよくするためにはどうすればいいのかを考えていました。高め合える、すばらしい環境で仕事ができたと思います。

英語が苦手でも行ける? 「TOEIC・TOEFLの点数なしでアメリカに留学する方法」【学生記者】

■バイトをやっていてつらかったこと

アルバイトとはいえ求められるものが高く、とても厳しい環境でした。例えば常に笑顔を作ることが大切ですが、どんなに疲れていてもその顔を見せてはいけませんし、姿勢や歩き方にも疲れは出てしまうので、気をつけなければいけません! かく言う私もさんざん注意されました(笑)。暑い日や、寒い日もなかなか大変です。寒い時期にアイスを売るスタッフになった際は誰も来てくれないので、とてもさみしかったです。そのときの経験から、自分が冬にテーマパークに行った際には必ずアイスを買うようにしています!

■おすすめポイント

このバイトの特徴は、仕事を任せてもらえる部分が多いことです。例えばチェーン店に行けば決められたマニュアル通りに動かなければ注意されることも多いでしょう。しかし、ここでは言ってしまえば、お客様のためならなにをやってもいいのです。表現の仕方は人それぞれで、マニュアル通りではなく応用をしていいので大変成長できました。先輩もいい人が多く、さまざまな経験談を話してくれました。それぞれにバイトで味わったプチ感動話があり、先輩の話を聞くだけで勉強になります。

■まとめ

いかがでしたか? テーマパークのスタッフは定期的に募集していますが、それでも、採用になるかどうかは狭き門です。その門を通り抜け採用された後も、アルバイトに求められるレベルがとても高いので、バイトを続けられるか不安になる人も出てくると思います。それでも働いてみると、お客様のうれしそうな顔や感動して涙を流しているか顔をすぐそばで見ることができるので、こちらもとてもうれしくなります。大変なことも多いですが、成長の場であることは確か。興味があればぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

文・@Gen