北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、日本が「朝鮮に対する再侵略野望を実現して血なまぐさい過去の歴史を繰り返してみようと狂奔している」とする論評を配信した。

論評は、日本の防衛省が「北朝鮮の核・ミサイル開発は日本に対する深刻な脅威、新たな段階の安保脅威になると言い掛かりをつけた」と非難した。

また、航空自衛隊の戦闘機が米軍のB-1B戦略爆撃機と共同訓練を行ったことを取り上げながら、「朝鮮半島情勢を最悪に追い込む米国の突撃隊になってのさばる日本の妄動は、彼らの不純な軍国主義的企図をありのまま表している」と述べた。

さらに、安倍晋三首相が憲法改正を目指していることなどに対して、「日本が『戦争を否定』する国家から『戦争が可能な国家』になって『先制攻撃』を含む全ての戦争の準備を終えるということを宣布したことにほかならない」と指摘した。

そのうえで、「われわれの近くで朝鮮を誰よりもよく知っていると唱える日本は、自分の斧に自分の足が突かれるという朝鮮のことわざを常に忘れてはいけない」と強調した。