見ず知らずの人物がいきなり訪ねてきて、「助けてほしい」と頼まれたとしたら…。

警戒し構えてしまうことはあっても、ここまで親切にしてあげられるだろうか?

バスに乗り遅れた…

先日、ブライアン・スミスさんは自宅のドアをたたく音で目を覚ました。

「いったい何なんだ?」とドアを開けると、そこには面識のない青年が。

本人が言うには「バスに乗り遅れてしまった」とのこと。近所の家を3軒あたったが、誰も学校まで送ってくれないので途方に暮れているという。

車で学校まで送る

よほど切羽詰まった様子だったのか、それともブライアンさんが根っからの善人なのか、彼は起き抜けでまだ歯も磨いていなかったが、すぐに車のキーをつかみ、青年を愛車に乗せて学校まで送ってあげた。

見ず知らずの親切な大人のおかげで、青年は無事に学校に到着。

ブライアンさんはその後姿を見送った。

称賛の声が続出

ブライアンさんは一連のエピソードをFacebookで公開した。

彼は無事学校に。大人として若者のお役に立てたよ。

この投稿はImgurで「尊敬」と紹介されたり、複数の海外メディアが取り上げたりと話題に。

「なんて親切な!」「こんな大人でありたい」「なかなかここまではできない」と称賛する声が続出している。

中には「何軒もの家を訪ねて学校に行こうとした子供も偉い」という人もいる。