The Ten: Nike Air Max 90 x Virgil Abloh

写真拡大

 「ナイキ(NIKE)」が、以前からコラボレーションが噂されていた「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のクリエーティブディレクター ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とのデザインプロジェクト「The Ten」を正式に発表した。「REVEALING」と「GHOSTING」という2つのテーマのもと、10足のフットウエアを制作。靴ひもには「"SHOELACES"」、ソールには「"VULCANIZED"」、Nike Air VaporMaxやAir Jordan Iのサイドには「"AIR"」というテキストがプリントされるなど遊び心のあるデザインに仕上げられた。
 REVEALINGでは、「暴露する」「正体を現す」を意味するテーマにそって、Air Jordan IやNike Air Max 90、Nike Air Presto、Nike Air VaporMax、Nike Blazer Midのデザインを解剖。ナイフを使い、タンの内側のフォームが露出されるようにカットを入れたほか、スウッシュを拡大したり、ナイキを象徴するオレンジ色のタブを各シューズのランダムな場所に取り入れた。
 GHOSTINGでは、REVEALINGのアイデアをさらに発展させ、アッパーに半透明な素材を採用。Converse Chuck Taylorをはじめ、Nike Zoom Fly SP、Nike Air Force 1 Low、Nike React Hyperdunk 2017、Nike Air Max 97の5モデルをラインナップする。
 「ティーンエイジャーの頃からエア ジョーダンに夢中だった」というヴァージルはイリノイ州で過ごした学生時代、友人とスニーカーのデザインスケッチを描き、ナイキ社に送っていたという。各スニーカーのデザインを解剖するようなコラボレーションアプローチについて「近くの店舗に足を運ぶことで、家にある道具を使うことで、誰でもこのシューズは作れるんです」とし、デザイン作業をより身近に感じて欲しいと意図を説明した。約10カ月間で10足のシューズを完成させるのは、ナイキがこれまで発表してきた数多くのコラボレーションの中でも最も短期間で行われたコラボレーションのひとつだったという。
 The Tenのうち5つのデザイン(Air Jordan I, Nike Blazer, Nike Air Presto, Nike Air Max 90 and Nike Air VaporMax)は、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの「ナイキラボ(NIKELAB)」店舗で9月に先行発売予定。全10デザインがそろうフルコレクションは、世界中のナイキラボ店舗や限られたショップで11月に発売される。