「ユーリ!!! on ICE」の展示会が名古屋パルコで開催される

写真拡大

2017年9月8日(金)から10月1日(日)まで、名古屋パルコで「ユーリ!!! on ICE」の大型展示会「ユーリ!!! On MUSEUM 〜第12.2滑走 わたしをグランプリファイナルに連れてって!!! IN バルセロナ〜」が開催される。「ユーリ!!! on ICE」は、男子フィギュアスケートの世界を描いたテレビアニメで、2016年10月に放送され若い女性を中心に大ヒットした。この展示会は現在東京・タワーレコード渋谷店で開催されている人気イベント。名古屋パルコでの開催時には東京でお目にかかれない展示写真も追加されるという。

この展示会、サブタイトルの“第12.2滑走”という点に注目だ。この展示会にはストーリー設定があり、アニメ最終話(第12話)の「GPFバルセロナ大会エキシビジョン」を終えたスケーターたちが、翌日よりバルセロナで開催される「フィギュアスケートGPF展」に訪れたというもの。会場には、作中の大会でスケーターたちが使用した衣装やスケート靴を再現したものが展示される。またこの展覧会のために描き下ろされたスケーターたちの新規画や設定資料、原画なども多数展示される。

さらに豪華声優陣による同展オリジナル脚本の音声ガイドもファン垂涎のシロモノだ。GPF出場スケーターとヴィクトルが、作品では語られなかったその後を語る音声ガイドが5種類用意されており、1回の入場につき、聴ける音声ガイドは1種類。さらに5種類の音声ガイドをコンプリートするとシークレット音声ガイドで展示会を楽しめるほか、秘蔵のA3ポスターや限定ポストカードをもらえるぞ。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」の続きのテーマにした「ユーリ!!! on MUSEUM」。ファンにはたまらないイベントとなりそうだ。【東海ウォーカー/淺野倫孝】