22日、ある韓国人青年が東日本大震災を経験した日本人男性のエピソードをインターネットの掲示板で紹介した。写真は日本の民家の入り口にある飾り。

写真拡大

2017年8月22日、ある韓国人青年が東日本大震災を経験した日本人男性のエピソードをインターネットの掲示板で紹介した。

東京・中野区の住宅街に住んでいたという投稿者は、近くに住む28歳の日本人と親しくなったそうだ。投稿者が「ヒョン(兄貴)」と呼ぶその男性は、新宿のカフェやコンビニでアルバイトをしながら暮らしていたが、東京に引っ越してくる前は山形県内に住み、大学の文学部に通っていたという。そこで投稿者が「東日本大震災を経験したか」と尋ねたところ、兄貴は「昼食を食べていた時にマグニチュード9.0の超大型地震が発生し、机の下に隠れようにも体が跳ねて隠れられないほどだった。なんとか机の下に隠れ、揺れが収まるのを待って外に出ると、自分がいた建物と隣の建物の一部を残してみんな崩壊してしまっていた」と話してくれた。

その後、兄貴は車を走らせて東北の端まで逃げたが、その時ただひたすら「金も学歴も仕事もみんな必要ない。命さえ残してくれれば、生きていることに感謝して暮らしていきます」という思いが浮かんだという。

これを機に、兄貴は総合商社を目指して勉強していた大学を2年で中退、東京で働いてお金をためて、休みには旅行をして暮らしていくことにしたそうだ。写真撮影が得意な兄貴は、風景写真などを撮っていつか写真集を出したいとのこと。

このエピソードを聞き、投稿者は「日本人は素朴なマインドがあるけれど、恐らくこういうところからその心情が生まれるのではないだろうか」と自身の感想を掲示板につづった。

この投稿に、韓国の他のネットユーザーからは「大震災以降、『残りの人生はおまけと思って生きてよう』と考える人もいるようだ」「日本のミニマリズムの流行は、東日本大震災が発生してかららしいよ」と同調コメントが寄せられており、中には「だとしたら、韓国も戦争が起きたらそうなるのかな?」と不安がる声も上がっている。

その他にも「考えさせられるいいエピソード」といった意見や、日中韓を比較して「これは重要なポイントだ。日本は地震、中国は政変が原因で平和への意識が強いけど、韓国は『立身揚名(出世して名を揚げること)』以外にはないようだ。心の中は『成功して人々の上に立たなければならない』という考えでいっぱい」と分析するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)