あー、やっちまった。これはもうリタイヤかな……えっ、次も走るの? 走れるの?

お盆明けの週末、福島県エビスサーキットでD1GPの第5戦と第6戦が開催されました。この大会、ゾンビが大量発生したのです。どういうことかというと、激しくクラッシュして「もう走れないだろう」と思われたクルマが、なにごともなかったように次の走行に出てくるという場面がいくつも見られたのです。

1日目の予選で大破した北岡選手のマシンも翌日には予選2位の高得点をマーク。ま、これはあいだに一晩あったから、珍しくもないですけどね。

土曜日の単走決勝1本目にハードクラッシュした平島選手。

2本目もふつうに走りました。もっともアライメントはけっこうズレてたそうですけどね。

日曜日の朝のチェック走行でクラッシュした今村(陽)選手。

約1時間半後の単走決勝には問題なく出走。

そしてきわめつけは、横井昌志選手。日曜日の準決勝で、テールから1コーナー奥のタイヤバリアにクラッシュ! 斜面にクルマを立てかけてしまいました。

でも、直後の3位決定戦に出走!

ちなみに横井選手は、かつてD1ストリートリーガルに出ていたころ、クルマをぶつけてもぶつけてもリタイヤせずに走り続けた大会があって、『ゾンビ横井』と呼ばれたことがありました。近年はかなり上手いドライバーになって、あまりぶつけなくなったので、半分忘れ去られたニックネームですけどね。

これらのクラッシュが、結果的に軽症で済んだのは、まずスポンジバリアやタイヤバリアが効果的に配置されていたからだといえるでしょう。あと、やっぱりD1選手はクラッシュのしかたも上手いのかな? とっさになんとか回避しようと、いろいろな操作をやったり、あるいは最後まであきらめずにアクセルを踏み続けたり(ドリフトだとそれが有効なケースがあります)するのでしょう。

いっぽうで、この大会ではいままで見られなかったクラッシュの原因がありました。それはタイヤのビード部分が落ちるというトラブルです。現在のD1では冷間時のリヤタイヤの空気圧を1.0キロよりも下げて使っているクルマが多いのです。そのほうがグリップ力が高まるようなんですね(特に縦方向かな?)。ところが、そのせいで、ドリフトしながらジャンプして着地するようなエビス南コースではビードが外れるというトラブルが起きてしまったわけです。今後、タイヤのエア圧はルールで規制されるかもしれません。追走のときなどは相手にも危険が及びますからね。

D1GP第5戦はランキング首位の藤野選手が優勝し、2位以下とのポイント差を広げましたが、第6戦では藤野選手はベスト16敗退。ランキング2位の川畑選手はベスト8敗退。ランキング3位だった横井選手はベスト4に入り、ランキング4位だった平島選手が2位になったことで、また上位4人のポイント差は縮まりました。

なお、第6戦の優勝者は齋藤選手でした。

ちなみに、その齋藤選手も、第5戦の単走決勝では軽くクラッシュしてこのとおり。

(まめ蔵・写真提供:サンプロス)

【関連リンク】

D1GP第5戦の模様は10月発売予定の『D1GP OFFICIAL DVD』に収録されます。

ビデオオプションの情報は公式サイト(http://www.d1gp.co.jp)へ。また、D1グランプリの詳しい情報は、D1公式サイト(www.v-opt.co.jp)まで。

D1エビスに「ゾンビ」が大量発生! D1選手はぶつかりかたも上手い!?【D1GP】(http://clicccar.com/2017/08/22/503032/)