バルセロナBに所属するペク・スンホ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リーガエスパニョーラのジローナが21日、バルセロナB(同クラブの下部組織)に所属するU-20韓国代表MFペク・スンホを獲得したと発表した。契約期間は3年間で2020年6月までの契約となっている。当面の間はペララーダ(ジローナの下部組織)でプレーする見通しだ。

 バルセロナとの契約は2019年6月まで残していたが、バルセロナBが2部昇格を果たしたことで立場が厳しくなった。EU外外国人枠が2人に制限されることが大きく影響したと考えられている。“韓国のメッシ”という異名で知られるイ・スンウもバルセロナBからの移籍を検討していた。

 2人はそれぞれ2010年から2011年にかけてバルセロナの下部組織に加入したが、クラブが未成年選手の獲得・登録規定に違反した影響により、公式戦でプレーできない時期があった。

text by 編集部