ウェイン・ルーニーがプレミアリーグ史上2人目となる200ゴールを達成

写真拡大

 21日、エバートンに所属するFWウェイン・ルーニーがプレミアリーグ通算200ゴールを記録。アラン・シアラー氏(260ゴール)に次ぐ、プレミア史上2人目の快挙を達成した。

 エバートンは敵地でマンチェスター・シティと対戦。スコアレスで迎えた前半35分、FWドミニク・カルバート・ルーウィンの折り返しをルーニーが左足で合わせ、先制点を奪った。だが、エバートンは終盤に失点。シティと1-1で引き分け、開幕連勝とはならなかった。

 それでも、マンチェスター・ユナイテッドの歴代最多得点記録を持つルーニーは、「良かったよ。今日は僕らにとって大切な試合だった。タフな試合展開になったけど、あのゴールの瞬間はスイートだった。“赤い方”のマンチェスターも、あのゴールを楽しんでくれたんじゃないかな」と語り、古巣ユナイテッドに貢献できたことを喜んだ。

 また、昨年11月以来のイングランド代表復帰を目論むルーニー。「エバートンでのプレーに集中している。近いうち、(イングランド代表の)ガレス・サウスゲート監督にも会って、将来について話をしてみるつもりだ」とコメントし、W杯予選への出場に意欲をみせた。


●プレミアリーグ2017-18特集