日本初、アコースティックドラムシェルタイプのエレクトロニックドラム「aDrums」

写真拡大

アコースティックドラム並みのダイナミクスを誇る、日本初のアコースティックドラムシェルタイプのエレクトロニックドラム「aDrums」がATVより登場。8月28日より発売される。

「aDrums」は、プレーヤーの心地良い演奏を引き出し、楽器の本質にフォーカスして最良のアコースティックドラムサウンドを表現することを目指して開発されたエレクトロニックドラム。すべてのドラムは、本物のバーチウッドシェルにソリッドブラックのラッカー仕上げ。シンバルやハイハットは余計な意匠を削ぎ落としたシンプルで飽きのこないデザイン。そしてドラムらしさをより強調しているクローム仕上げの堅牢な三脚スタンドなど、従来のエレクトロニックドラムとは趣の異なるモデルだ。

ラインナップは3種類。シングルタムをベースにした「aDrums artist STANDARD SET」、ツインタムに3シンバルの拡張モデル「aDrums artist EXPANDED SET」、そして、すでにドラム音源「aD5」を所有するユーザーのための音源レスモデル「aDrums artist BASIC SET」から選択できる。

「aDrums」のコンセプトは、「Authentic」「Acoustic」「Artware」。余計な機能を削ぎ落とした楽器に相応しいデザインで、いい音といい演奏体験を提供することにフォーカス(Authentic)。小さく叩けばささやくような音、強く叩けば空気を揺らすような音。これまでは鳴らしきれなかった大胆で繊細な楽器の表情を余すところなく表現する、アコースティック楽器の自然なふるまい(Acoustic)。そして、心に響く奥深さ(Artware)。素晴らしい楽器たちは、他と同じような姿をしていてもなぜか夢中になってしまうもの。スペックや機能では語ることができない、楽器の真価を追求している。

楽器としての特徴も、デザイン同様従来製品とは異なる。その1つめは最適なサイズ。「aDrums」では、各楽器のサイズがもたらすフィールやビジュアルと、そこから響くサウンドの一致性こそが、プレーヤーの演奏表現を高めると考えている。18インチのキック、13インチのスネア、14インチのハイハット、18インチのライドシンバルなど魅力的なビジュアルに加え、アコースティックドラムと同じ打感や距離感を大切にしながら、家庭やスタジオでも大きすぎない絶妙なサイズとなっている。

アコースティックドラム並みのダイナミクスも注目。従来の電子ドラムでは、ヘッド中央を叩くと異常に大きな音が鳴ってしまうホットスポットがあるため、音源もダイナミクス(強弱)の幅を狭めることがあった。しかし、「aDrums」ではドラムやシンバルにマルチセンサーを採用することで、この打面の感度を均一化。ピアニッシモからフォルテッシモまで一通りの表現が可能となっている。

ドラムセットの核となるのは「aD5」。高速かつダイナミックなハイレゾ音源、主要メーカーのパッド対応、インストごとのステレオオーディオバウンスを容易にするインディビジュアルMIDI機能といった新しいコンセプトを打ち立ててきたドラム音源だ。リリース後もアップデートを重ね進化。スタジオの空気感まで入念にレコーディングされた名器の響きを体感できる音源となっている。また、ドラムサウンドは、「ATVサウンドストア」からダウンロードが可能。豊かな鳴りのシグネチャースネア、枯れた響きのヴィンテージシンバルなど、多彩な名器の個性と魅力にあふれるサウンドが揃っている。インストを自由に「aD5」に追加して組み上げることで、自分だけのドラムセットを作ることができる。

製品情報
◆aDrums artist STANDARD SET
価格:オープン(市場想定価格 348,000円前後 税別)
◆aDrums artist EXPANDED SET
価格:オープン(市場想定価格 418,000円前後 税別)
◆aDrums artist BASIC SET
価格:オープン(市場想定価格 220,000円前後 税別)
発売日:2017年8月28日