「欅って、書けない?」で自らが体験した怪談話を披露する企画に挑戦した欅坂46

写真拡大

8月20日の「欅って、書けない?」では、欅坂46(漢字欅)とけやき坂46(ひらがなケヤキ)のメンバーが、怪談話に挑戦する企画を放送。

【写真を見る】欅の葉っぱを手に「私がこれを食べたらいくらくれる?」というホラー発言の長沢菜々香(写真中央)

メンバー全員が浴衣姿で登場し、いつもの楽曲の衣装姿の時のイメージとは違う、新たな一面をのぞかせる一方、しかし、肝心の怪談話となると、菅井友香、石森虹花、齊藤京子と相次いで途中でこみ上げくる笑いを我慢することができなくなってしまい強制終了。MCの澤部佑が「この企画、終了〜」と叫び、判定役の土田晃之も「今から企画会議しよう」と、今回の企画自体をお蔵入りするようにスタッフに提案するまさかの展開に。

そんな空気を一変させたのが、自らの恐怖体験を最後まで見事に語りきった尾関梨香。「昔通っていた学校の先生がとても霊感が強くて、よく心霊話をしてくれた。ある日、今までよりもっと怖い話があるから、次の授業の時に話すので楽しみにしていてねと言った。そしてその数日後、先生は原因不明で亡くなってしまった」というもの。その話を聞いていたメンバーは静まりかえってしまい、スタジオも怪談企画っぽい雰囲気に。

しかし、その後に登場した米谷奈々未から飛び出したのは、アルバムのジャケット撮影の日に長沢菜々香の一言。欅の葉を持ったメンバーの長沢に「ねえ、私がこれを食べたらいくらくれる?」と話しかけられたという恐怖体験を明かした。さらに池美波も、街中で欅坂のファンというカップルに声をかけられたとき、隣にいる彼女の方が気まずそうにしているにもかかわらず、一緒にいた長沢が「ラブラブですね〜、お幸せに〜!」と空気の読めないことを言って、その場をさらに気まずい雰囲気にしてしまったことを告白。これに対して長沢は「気まずいのは分かっていたので、その2人をたてようと思って、結婚するんですか〜?」とまで言ってしまったと弁解した。

これまで番組内でもサイコパスな部分を見せてきた長沢だけに、米谷と小池の話を聞いた土田は「結局この世で1番怖いのは長沢くん」と結論づけた。

次回、8月27日(日)放送予定の「欅って、書けない?」は、番組が始まって以来初めてとなる1時間スペシャル。漢字欅とひらがなけやきのメンバーが、カラオケでガチンコ対決する。