開放的な気分になる夏。はっちゃけるイベントが多いこともあり、恋にも積極的になれるシーズンです。でも残念なことに、夏に始まった恋は長続きしないことが多いのも事実。どうしてなのでしょうか? 今回は、夏の恋が終わってしまう理由をまとめました。

旅先やリゾート施設のアルバイトで出会って遠距離に





出典:Shutterstock.com

「旅行先で素敵な彼と恋に落ちました。帰り際は泣いたけど、結局帰ってから連絡をとることはなかった(女性)」「短期のバイト先で付き合ったけど、バイトが終われば会う理由もなくなり、自然消滅した(男性)」一番多かったのが、「住んでいる場所が遠いから」。旅行や短期バイトが出会いと恋のきっかけにはなるものの、デートができない物理的な距離があると、ちょっと無理かなと感じてしまうよう。「そのときは楽しかったけど…と、自然に関係が終わってしまう」のは男女どちらにも多いパターンです。

魅力的に見えた部分が、どうでもよくなった





出典:Shutterstock.com

「ビーチで出会った彼女。そのまま大人の関係になってしまった。そのときはよかったけど、なんか気持ちがすっと冷めてそれっきり(男性)」出会った当初は魅力的に感じたはずなのに、急に冷めてしまうパターンは男性に多いようです。とくに夏のビーチやプールでは、水着姿というだけで男性は視覚的に刺激されて恋の気持ちが高まるみたい。つまりは勢いあまって、ということもあるようです。

お酒の勢いもあって「火遊び」をしてしまった





出典:Shutterstock.com

「お酒の席で話した男性と意気投合。一夜を過ごして少し連絡を交わしたけど、それっきり(女性)」ひと夏の恋、というよりもワンナイトラブですが、このワンナイトラブが多いのも夏の特徴です。連絡先を交換までして何回か会ったとしても、あの日のような気持ちが蘇らない…。軽い気持ちと勢いで始まった恋が終わってしまうパターンです。男女ともに多いケース。

実は相手に交際相手が複数いたという事実を知った





出典:Shutterstock.com

「ビーチで会った、チャラそうだけど優しくて実はしっかりしていた彼。付き合った当初はよかったけれど、少し経つと私以外にも彼女みたいな存在がいて別れた(女性)」魅力的な人ほどモテる、という事実を突きつけられて終わるパターン。いくら相手に魅力があっても、一途な恋を求めていれば自然に恋心は冷めてしまいますよね。

そもそも、この先会うことはないと割り切っていた





出典:Shutterstock.com

「フィーリングで、体だけの関係をひと夏続けてしまった(女性)」「嘘の名前やステータスで、ひと夏だけ付き合った彼女がいる(男性)」恋というより、はじめから心やカラダの寂しさを埋めてくれる相手を探していたパターンです。そもそも、そこまでお互いの恋愛感情が高まったわけではないので、簡単に別れてしまいます。

男女ともに多かったのは、遠距離になったからというもの。男女別でみると、男性はカラダの関係から入った相手には急に冷めてしまう傾向に、女性はどちらかというと、相手の男性の真実を見てしまって離れていく傾向にありました。せっかく芽生えた恋心ですから、上手に育てていきたいですよね。そのためには、相手を見極める目も必要なのかもしれません。