イタリア版の“禁断の移籍”なるか

写真拡大

イタリアの『Gazzetta dello Sport』が21日月曜日に報道したところによれば、インテルが“永遠のライバル”ACミラン所属FWの“スソ”ことヘスス・フェルナンデス・サエスの獲得を狙っているという。

【関連記事:コスタの獲得 絶対条件は謝罪】

スソの移籍金は2,500万円(約32億円)と予想されているが、インテルがこの金額を支払う能力があるかどうかなど疑問は残る。
ACミランはスソの放出に乗り気ではない。彼はセリエA開幕戦のクロトーネ戦でもゴールを決めており、ミラノはライバルチームに移ることで“新たなフィーゴ”となることを望んでいない。
過去にACミランからインテルミラノへ“禁断の移籍”をした選手にはFWアントニオ・カッサーノがいる。