セレッソ大阪戦で同点弾をアシストしたジュビロ磐田のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「一人で勝ち点10を持っている」(名波浩監督)

 8月19日、明治安田生命J1リーグ第23節が開催され、ジュビロ磐田はセレッソ大阪との試合を1-1の引き分けで終えた。先制点を許す展開となったが、86分に中村俊輔がショートコーナーから川又堅碁の同点弾を演出。名波ジュビロ加入から7ヶ月、周囲との連係を磨き上げたサックスブルーの背番号10がまばゆい輝きを放っている。(取材・文:青木務)

----------

 起死回生の同点ゴールが決まると、中村俊輔は沸き上がる感情を右の拳に込め、思い切り振り下ろした。

 明治安田生命J1リーグ第23節、ジュビロ磐田はホームにセレッソ大阪を迎えている。1点のビハインドを背負いながら試合終盤の86分、川又堅碁のヘディング弾で引き分けに持ち込んだ。勝つことはできなかったが、負けなかった。両者はリーグ開幕戦でも勝ち点1を分け合った。たとえ結果は同じでも、得たものの価値の大きさは比べるまでもない。

 磐田加入以来、天才レフティーは多くのものをチームにもたらしている。勝利を呼び込み、この試合のように窮地を救い、周囲の成長を助けるなど、あらゆるシーンで存在感を発揮する。

「一人で勝ち点10を持っている」

 名波浩監督は、背番号10をこのように評する。今シーズンの磐田の戦いぶりとエースのパフォーマンスを照らし合わせれば、指揮官の言葉にも納得がいく。

 C大阪戦でも勝ち点1獲得に貢献した。ショートコーナーからリターンを受けると柔らかいクロスを送り、川又の今シーズン9得点目をお膳立て。「あれを首で持っていけるのはなかなか日本人ではいないので、彼の良さが出たと思う」と中村俊輔はたたえる。川又は後ろに下がりながらのヘッドを沈めたが、このストライカーの身体能力が如実に表れていた。

『ここに走り込んで飛べばチャンスになる』というところに合わせるキックは、常にゴールの予感を漂わせる。黒星を覚悟せざるを得ない今回のホームゲームでも、中村俊輔の左足はごく自然に輝いた。

加入から7ヶ月…時間とともに進むイメージの共有

 リーグ前半戦は、得点が生まれそうなゾーンにボールを送ってもなかなかうまくいかなかった。ボールの質も、味方の走り込む迫力もあったが、相手に競り負けてしまう。しかし、後半戦に入ると状況が変わった。

 第19節・川崎フロンターレ戦は櫻内渚が、翌節のサンフレッチェ広島戦では大井健太郎が、それぞれCKからヘディングシュートを決めている。前節のガンバ大阪戦でもFKから大井とアダイウトンの頭にピタリと合わせ、C大阪戦では「いつも心がけている」というショートコーナーからゴールを生み出した。

 名波監督は、キッカーと中の選手が特徴をわかり合っていると指摘していた。1月に始動してから7ヶ月。時間の経過と共に肉付けされたものが、今回の同点弾を呼び込んだ。

 改めて振り返ると、C大阪戦は磐田にとって重要な試合だった。リードを奪われた後で何ができるか。成長や地力、反発力といったものが試されていた。

「そろそろ先に点を取られる試合も出てくる。そうなってからが勝負」

 連勝を重ねていたある日、中村俊輔は積み上がる勝ち点に浮かれることなく話した。

「もし先制されたとしても、粘り強く0-1から1-1に持っていければ、チームにとってプラスにしかならない。一歩一歩進んでいるから。2点先に取って勝つ方がいいかもしれないけど、そういうの(追いかける展開)にも対応してみたい」

 第20節で広島に逆転負けを喫し、連勝が6でストップ。続くベガルタ仙台戦はスコアレスドローに終わったが、G大阪を2-0で下して3試合ぶりの勝利を掴んだ。そしてC大阪戦の前日、中村俊輔は言葉に力を込めた。

「次こそ死に物狂いでやらないといけない。ガンバ戦で勝ったからこそ次が大事」

勝ち点をもたらすこと以外の貢献

 サポーターの声援を背に、磐田は試合開始からチャンスを作り出した。しかし、気迫溢れる守備を見せる相手からゴールを奪うことができない。

「前半の最初にいい形が何回かあって、ああいうところで点が入っているゲームは、2〜3点差つくような展開になると思うけど……」

 今シーズンの磐田は試合の入りが非常にいい。勝利から見放された5月も、先にチャンスを迎えるのは磐田だった。しかし、当時は決定機を活かせぬまま相手にペースを奪われていた。今回のC大阪戦も同じ展開で、37分に先制点を奪われる。

 元韓国代表のユン・ジョンファン監督率いるアウェイチームは、後半途中からDFを投入し守備を固めた。直近3試合で2度の逆転負けを喫している彼らは、より高い集中力で試合を終わらせようとした。

 時折、C大阪は鋭いカウンターを見せたが、全体の重心は高くない。そのため磐田が押し込み、クロスやバイタルエリアでの崩しからフィニッシュを目指すも、相手の壁を打ち破ることはできない。さらに途中出場の荒木大吾が足を痛めてプレー続行が不可能となり、交代カードを全て使い切っていたチームは10人で戦うことになった。

 それでも最後まで諦めない姿勢が実り、ドローに持ち込んだ。ポストに助けられたシーンもあったとはいえ、守備陣はこの日も身体を張った。最前線の川又はシュートを外しても気落ちせず、次のチャンスが来ると信じて牙を研いだ。「全員でもぎ取った勝ち点1だと思う」と、中村俊輔は答えている。

 執念で1ポイントを掴んだサックスブルーはまた一歩、前へ進んだと言えるだろう。

 磐田に勝ち点をもたらす中村俊輔だが、彼の貢献はそれだけではない。チームをいかに進化させるか、という点にも力を注いでいるように思う。勝利に飢えているのは間違いない。ヤマハスタジアムでのある試合の直後、こう口にしたことがある。

「ホームでやる以上、負けは僕の中ではあり得ない」

 数々の栄光を掴んできた男にとって、『敗北』は我慢ならない屈辱だろう。一方で「勝っても負けてもプラス」というフレーズも耳にする。目先の結果に一喜一憂することなく、日々成長するチームでのプレーにやりがいを感じているのだろう。

黒子役をこなしつつ、増えてきたアシスト

 リーグ前半の17試合を終えた時点では、自身のパフォーマンスについて「アシストも得点も少ないけど」としていたが、手応えも得ているようだった。

「それ以外にやらなきゃいけないことがたくさんあったし、できた。そっちの方がうまく回るから。黒子役というか、そういうのでうまくいっているのは大きい。後半戦はそれをやりつつゴール前で決定的な仕事をしたり……でも、前に行きすぎて渋滞しないようにというのはあるからね。

 そういう微妙なポジション取りだったり、ゲームの流れを読んでやるという意味で一番良かったのは鹿島(アントラーズ)戦の1点目と、FC東京戦で(川辺)駿からアダ(アダイウトン)が決めたゴール。あれがやっぱり流動的にできているし、相手が隙を見せた時に『今だ!』というのではなくて、何気なくできているところがいいかな」

 磐田での中村俊輔は、得点の数手前に関与していることが多い。ゴールに直結するプレーを見せたいという思いもあるが、チームをコントロールすることに主眼を置く。それによって周囲の動きも円滑になっている。

 そんな中で、後半戦は自身のアシストが増えてきた。C大阪戦のショートコーナーを含めてセットプレーによるもので、「止まっているボールだから」と本人は事も無げに言う。だが、それをさらりと口にできてしまうほどのキックとビジョンの持ち主は少ない。名波監督の言葉を借りれば「世界でも有数」だ。

 特別な力を持つ天才レフティーは、主役であり黒子だ。どちらの役割を演じたとしても、チームに対して常にポジティブな影響を与えることができる。

 中村俊輔は、仲間たちと共にまい進する。その歩みは止まりそうにない。

(取材・文:青木務)

text by 青木務