20日、韓国・ZDNet Koreaによると、300メートルを超える高さから落下したサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS5」が無事に持ち主の元に戻り、話題となっている。写真はギャラクシーS5。

写真拡大

2017年8月20日、韓国・ZDNet Koreaによると、300メートルを超える高さから落下したサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS5」が無事に持ち主の元に戻り、話題となっている。

飛行機から落下するギャラクシーS5が捉えたという11分を超える動画が最近YouTubeに掲載された。画面にはまず空の風景や飛行機が映るが、次の瞬間、映像が猛スピードで回転し、一気に地面が近づく。

このギャラクシーS5の所有者ヘンダーソンさんは、飛行機の窓を開けて横を飛んでいる飛行機を撮影していたのだが、強い風にあおられ手を滑らせてしまったのだ。ギャラクシーS5は約305メートルの高さから落下したが、地上に落ちるまでの様子が動画に克明に記録されていた。落下から数分が過ぎた後、庭の手入れをしていた男性がこれを発見し、後にヘンダーソンさんに返還した。

動画はヘンダーソンさんのおいが13日、YouTubeに掲載。20日現在で114万回再生され、コメントも190近く付いている。あるネットユーザーは「この映像が面白い点は、ギャラクシーS5が発売された時、ブロガーが貧弱な製品品質と言ったことだ」とつづり、当初の評価と異なり同モデルの強靭(きょうじん)さがこれで証明されたと指摘、関心を集めている。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「よく無事だったね」「ギャラクシーS5に替えようかな」「S5はデザインはイマイチだけど、丈夫なんだね」「やっぱりスマホはプラスチックボディーの方がいいみたいだ」など、「頑丈なギャラクシーS5」に感心するコメントが多く寄せられている。

その一方で、「300メートルの高さから落ちても壊れないS5もあるのに、どうして僕のS5は机から落ちただけで壊れるんだろう?」との疑問の声も。

また、「韓国だったら主人に戻るどころか、中身をリセットされて中国に売り飛ばされてた」「人に当たったら大変なことになってたかも」「新手の宣伝じゃないだろうな」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)