韓米合同指揮所演習の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮人民軍板門店代表部が22日、談話を発表し、前日始まった韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を軍事的な挑発と見なして威嚇した。今年の演習に対し北朝鮮の公的機関が反応を示すのは初めて。 

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、談話は「米帝(米国)の好戦狂が、慎重に行動し正しい選択をせよというわれわれの警告を無視し、危険千万な挑発を仕掛けた以上、無慈悲な報復と容赦ない懲罰を免れることはできないだろう」と警告。韓米の演習について「朝鮮半島の軍事的な緊張が極度に先鋭化した今の状況で、南朝鮮(韓国)に集結した武力が実戦行動に移らないという担保はどこにもない」と主張した。

 演習に合わせ米軍首脳部が相次ぎ訪韓したことに触れ、事態を一層深刻化させていると非難しながら、「わが革命武力が任意の時刻に懲罰の火の雨を浴びせようと引き金に指をかけ発射待機状態でやつらの一挙一動を注視していることを、一時も忘れてはならない」と威嚇した。また、「破局的な結果に対する責任はわれわれとの軍事的な対決を選択した米国が全面的に負うことになる」と述べた。

 この板門店代表部は昨年の同演習最終日に、演習を激しく非難する「白書」を発表している。

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞も22日の個人名の論評で、「侵略攻撃に投入される兵力と手段を事前に徹底して制圧、掃討することは、わが革命武力の一貫した対応作戦方式だ」と威嚇。北朝鮮に対する挑発をやめ、正しい選択をするよう迫った。