トマトと玉ねぎがベストマッチ。南蛮漬けにして手羽先をよりおいしく!/調理=コウ静子 撮影=石川美香

写真拡大

特売になりやすい、とり手羽先。こんがり焼くだけでも夕飯おかずになりますが、夏の疲れがたまりがちなこの時期、南蛮漬けにしませんか。

ほかにも「とり肉」を使ったレシピをチェック!

いつもどおりこんがり焼き上げたとり手羽先を、漬け汁にしばらく漬けておくだけ。玉ねぎのシャクシャク感とトマトの酸味で、いつもの手羽先がさっぱりモリモリ食べられますよ!

■ 【とり手羽先とトマトの南蛮漬け】

<材料・2人分>

とり手羽先6本、下味(塩・こしょう各少々)、トマト1個、玉ねぎ1/4個、漬け汁(だし汁・酢各大さじ3、砂糖・しょうゆ各大さじ1、赤とうがらし1〜2本)

<作り方>

1.手羽先は、裏側の骨に沿って1本切り込みを入れ、下味をふる。魚焼きグリルに並べ入れ、5〜6分焼いて上下を返す。さらに5〜6分、しっかり焼き色がついて、中に火が通るまで焼く。

2.トマトは7〜8mm厚さの輪切りに、玉ねぎは縦薄切りにする。漬け汁のとうがらしは、種を除いて3〜4つにちぎり、耐熱ボウルに入れる。漬け汁の残りの材料を加えて混ぜ合わせ、ラップをかけずに、電子レンジで30〜40秒加熱する。

3.漬け汁をバットに入れ、1、2のトマトと玉ねぎを加える。途中上下を返しながら、約15分漬け込む。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分182kcal、塩分1.7g、調理時間30分)