仲間と喧嘩し追い出されたムバッペ

写真拡大

モナコにとってムバッペが問題児となり始めた。ムバッペにはFCバルセロナへの移籍話が浮上しているが、現在のところ宙ぶらりんの状況だ。先週15日火曜日にムバッペがチームの同僚と喧嘩を起こし、練習を追い出されていたことが『L Equipe』誌の報道により明らかになった。この事件によりムバッペは先週末20日に行われたメッス戦(0-1)を欠場したようだ。

【関連記事:ムバッペ不出場 罰ではない】

ムバッペは同僚のDFアンドレア・ラッジと喧嘩を起こし、監督レオナルド・ジャルディムはムバッペに練習場を出るように指示した。しかしムバッペがそれを拒否したために、しまいに監督がその他の選手らを連れて別のフィールドへ移動した。

モナコがPSGとの交渉を開始したことは、この事件の影響によるところがあるのかもしれない。ムバッペは明らかにいら立っており、状況の改善は難しい。

今シーズンの開始時点で、ムバッペはモナコの主力選手の役割を果たしていない。リーガ開幕戦以降の3試合でムバッペが出場したのはわずか1試合のみ(計75分間)である。またトロフェ・デ・シャンピオンでも71分間プレーしているが、両方の試合において途中でベンチに下げられている。