21日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で、カナダ東部のオンタリオ州で「南京大虐殺記念日」を制定する動きがあることに「歓迎」を表明した。写真は中国にある南京大虐殺記念館。

写真拡大

2017年8月21日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、カナダ東部のオンタリオ州で「南京大虐殺記念日」を制定する動きがあることに「歓迎」を表明した。人民網が伝えた。

日本メディアによると、9月からのオンタリオ州議会で旧日本軍が南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める法案を審議する可能性があることを受け、自民党の複数の有志議員が6月16日付で、同州議会に対し、「関係国間で好ましくない論争を引き起こし、日本人や日系カナダ人への風当たりが強くなり、政治的な緊張が生じる」などと懸念を伝える意見書を送付したという。

華報道官は、これについてコメントを求められ「オンタリオ州議会の関係方面の動きに歓迎を表明する」とした上で、「今年は南京大虐殺80周年に当たる。南京大虐殺は、日本の軍国主義が第2次世界大戦期間中に犯した重大な罪であり、抹消できない痛々しい歴史だ。歴史の教訓を深く汲み取り、歴史をかがみとしない限り、戦争の悲劇の再発は避けられず、真に平和を維持し未来を切り開いていくこともできない」と述べた。(翻訳・編集/柳川)