リクライニングシートなどが付いた指定席の「プレミアムカー」が、京阪電気鉄道の特急車両で8両中1両に導入された。ツイッター上などでは、乗車した人らから様々な意見が書き込まれている。

専属のアテンダントに迎えられ、ゴールド色に輝くVIP席入口のようなドアから入ると、今度はブルーの色彩に満たされた車内のリラックスした空間が広がっている。

手すりにコンセント、無料のWi-Fi


導入されたプレミアムカー(以下、京阪電気鉄道提供)

ノートパソコンを取り出しテーブルに置いて、手すりのコンセントに電源を差し込む。シートを倒して、無料のWi-Fiでネットサーフィンを始めると、ひととき仕事のことは忘れて......。

ネット上に投稿された写真や動画を見ると、京阪電気鉄道のプレミアムカーは、こんな車内での過ごし方が楽しめそうだ。



プレミアムカー付きの特急電車は、京阪本線・鴨東(おうとう)線の淀屋橋(大阪市中央区)―出町柳(京都市左京区)両駅間を片道54分で結ぶ。上下線で、平日は計95本、休日は計113本が運行する。2017年8月20日にスタートし、翌21日からは、プレミアムカー以外の7両も指定席になる朝の「ライナー」も1日2本、区間限定で運行を始めた。

プレミアムカーには、計40席が用意され、乗るための追加料金は、距離ごとに400円か500円。3分前まで予約できる。受け付けは、2週間前からだ。

8月11日に行われた試乗会は、応募倍率が100倍を超える人気だった。そして迎えた運行当日は、乗車を楽しんだという声がツイッター上で次々に上がった。

トイレを付けたり窓の配置を改善したりしてとの声も



一方で、もう少し改善してほしいところがあるとの要望も書き込まれている。

京阪電気鉄道の広報担当者は8月21日、Jタウンネットの取材に対し、プレミアムカーの手応えについてこう答えた。

「まだスタートして1日ぐらいしか経っておらずお客さまの声は集計中ですが、反響は大きいと思っています。予約は、平日お昼の時間帯なら比較的取りやすいでしょう」

プレミアムカーを導入した理由については、こう説明する。

「出勤時などに、座席を予約して座りたい方も多くおられるのではと考えました。外国人観光客が増えており、利用していただけたらと思ったことも理由の1つです。少子高齢化で人口が減っている中で、利用客を増やして収入増につなげたいということもあります」