ゴールを決めたウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間21日にプレミアリーグ第2節の試合が行われ、エバートンはマンチェスター・シティと対戦し1-1の引き分けで終わった。この試合で得点を決めたウェイン・ルーニーが自身のキャリアのプレミアリーグ通算200ゴールを達成している。

 マンチェスター・ユナイテッドに所属していたルーニーは7月9日、13年ぶりに古巣のエバートンに移籍することが決定した。開幕戦のストーク・シティ戦で今季リーグ戦初ゴールを決めると、今節のシティ戦でもゴールを決めた。プレミアリーグ通算200ゴールは、アラン・シアラー氏に次いで史上2人目の快挙となっている。

 ルーニーがプレミアリーグで初ゴールを決めたのは2002年10月のアーセナル戦。当時エバートンに所属していたルーニーは16歳と360日で得点し、プレミアリーグ最年少記録を更新している。その後、ジェイムズ・ミルナーが記録を塗り替えた。2004年にユナイテッドへ移籍した後、今夏の移籍市場で再びエバートンに復帰している。

text by 編集部