@AUTOCAR

写真拡大

メルセデス-AMG CLS53 モデル名決定

メルセデス-AMGは、CLS63の下位モデルとして、「53」を年内に発表する。

CLS53は、新型CLSのモデルラインナップとして、11月のロサンゼルス・モーターショーに登場するハイブリッド車だ。

以前AUTOCARでは、AMGがハイブリッド-6気筒のモデルを導入すると報道した。しかし今回、われわれの情報筋が、「53」をモデル名に選んだことを、はじめて認めた。

システム出力450ps 48V採用

ハイブリッド仕様のAMG CLSは、

・システム統合出力:450ps以上

と見込まれ、現行のCLS 63S(V8エンジン)よりも100ps以上低いことになる。しかしこのユニットが発生するトルクは、「63」のレベルに達する可能性が非常に高い。

ハイブリッド仕様のCLSは、
・48Vのエレクトリックアーキテクチャー
・回生ブレーキ
を搭載し、走行中に充電を回復するテクノロジーを採用すると思われる。

なお、次世代型CLSのデリバリー開始は2018年半ばと考えられている。(写真はすべて、AMG仕様ではなく、次世代型メルセデス・ベンツCLS)