画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●自転車レンタルでいざサイクリング! 海岸と海岸を結ぶコースをゆく

夏本番。各地の海は、多くの海水浴客でにぎわっている。しかし近年は、紫外線の健康への影響が大きく取り沙汰されていることや、娯楽が多様化したことなどもあるのか、若い世代を中心に"海水浴離れ"が進んでいるという話も聞く。そこで、今回は海水浴以外の海の楽しみ方を提案する意味も込めて、湘南エリアへ"海辺を走るサイクリング"に出かけてみたいと思う。

○マウンテンバイクに乗ってサイクリングコースへ

湘南エリアで海沿いのサイクリングを楽しむのにオススメなのが、江の島から茅ヶ崎の柳島海岸までのおよそ10kmのコースだ。この内、江の島から藤沢市内を南北に流れる引地川の河口付近までの江の島の西浜は、「湘南海岸公園」として整備されており、公園内は自転車の通行が可能になっている。また、引地川を渡った先の鵠沼海岸から柳島海岸までは、自転車用のサイクリングコースが整備されており、安全にサイクリングを楽しめるのだ。

さて今回、自転車のレンタルは、江ノ電の江ノ島駅または湘南モノレールの湘南江の島駅から150mほどの場所にある「ジェリーズ」で、マウンテンバイクを借りた。同店の一番人気はマウンテンバイクだが、手軽な折りたたみ自転車や、遠方へのサイクリングに最適なクロスバイクのレンタルも行っている。

準備ができたら、江ノ電の江ノ島駅前から「すばな通り」商店街を走り、まずは湘南海岸公園を目指そう。すばな通りを抜けると、正面に江ノ島が大きく見え、国道を渡ると、多くの海水浴客でにぎわう湘南海岸公園の入口がある。公園内の道は自転車専用に整備された道ではないため、敷石の振動がサドルに伝わり、少しお尻が痛く感じるが、それを除けば、走りやすさの点では問題ない。

途中に津波の避難タワーがあり、通常時は展望台として利用されているので、上まで登ってみるのもオススメだ。東に目を向けると、海上に横たわる江ノ島が、潮を噴き上げながら沖に向かって泳ぐクジラのようにも見える。

公園内を2kmほど走り、引地川に架かる鵠沼橋を渡った先で、車道と並行する細道に入ると、その先にヨットの帆をかたどった車止めが見える。ここが、鵠沼海岸〜柳島海岸を結ぶサイクリングコース(7.7km)の起点になっている。

●information

ジェリーズ(Jerry's)

住所:神奈川県藤沢市片瀬4丁目17-7

定休日:年中無休

営業時間:レンタサイクルは9:00〜18:00まで

※レンタルの予約は使用日前日の21時までにメールで

○烏帽子岩が最も大きく見える場所は?

サイクリングコースを走り出すと、海岸の砂が道のすぐ脇まで迫り、まるで砂丘のような景色の中を走ることになる。風が吹けば、サイクリングコースも砂に覆われてしまうが、地元の人やサーファーが毎朝、砂をどけてくれているのだという。とは言え、ときおり砂が積もっている場所もあるので、自転車の車輪が砂にとられて転ばないように注意が必要だ。

サイクリングコースのスタート地点から500mほど行くと、右側にJR辻堂駅の発車音にもなっている、名曲「浜辺の歌」の作詞場所を示す説明板が立っている。「浜辺の歌」の作詞者である林古渓は、幼少期を過ごしたこの藤沢市辻堂付近の海の景色を思い浮かべながら、大正2(1913)年に「浜辺の歌」を作詞したと説明が書かれている。

左に海、右に防砂林の松林を見ながら、さらに先へとペダルを漕いでいけば、道は藤沢市から茅ヶ崎市へと入る。左手前方の沖合には、茅ヶ崎のシンボル「烏帽子岩(えぼしいわ)」が、次第に大きく見えてくる。

この辺りで休憩をとるなら、「茅ヶ崎ヘッドランド」がいいだろう。茅ヶ崎ヘッドランドは、砂浜の浸食を防ぐために設けられたアルファベットのT字型の突堤で、通称「Tバー」と呼ばれている。

Tバーは、テトラポットと岩を組み合わせてできており、歩くのには足元に注意が必要だが、突端付近まで行くと、烏帽子岩がかなり大きく見える。陸から烏帽子岩がここまで大きく見られるスポットは、ほかにはないだろう。

さて、Tバーからサイクリングコースを1kmほど行けば、人気の海水浴場「サザンビーチちがさき」に到着する。ネーミングは言うまでもなく、茅ヶ崎出身の人気グループ「サザンオールスターズ」にちなむものだ。ビーチに建ち並ぶ海の家は、食事や休憩だけでも利用できるので、強い陽射しで疲れた身体を癒やしてから、サイクリングコースのゴール・柳島海岸を目指すことにしよう。

●2020年横浜湘南道路開通に向け変わる茅ヶ崎--夏限定のアイスは必食

○(仮称)柳島スポーツ公園に道の駅の建設も

サザンビーチから柳島海岸までは、これまでと打って変わって人が少なくなり、自転車をスイスイ走らせることができる。海を眺めても、この辺りまで来る人は少ないようで、波打ち際から遥かな水平線まで、キラキラ輝くのどかな海が広がるばかりだ。

サザンビーチから柳島海岸までは1kmほどで、サイクリングコースはここで終点となるが、海岸に沿って茅ヶ崎市と平塚市の境を流れる相模川(馬入川)の河口付近まで続く道があるので、行けることころまで行ってみよう。草むした細道を走り、相模川の河口まで来れば、海の景色のみならず、相模川の対岸に平塚の先の大磯の高麗山や、湘南平の頂上のテレビ塔まで視界に捉えることができる。

茅ヶ崎市によれば、柳島海岸から国道を挟んだ北側では現在、2018年完成予定で、総合競技場、テニスコート、ジョギングコースなどからなる「(仮称)柳島スポーツ公園」の整備工事が進められているという。また、スポーツ公園の隣接地には、2020年の横浜湘南道路の開通を見越し、2019年オープン予定で道の駅の建設も計画中だ。あと数年の後には、この付近一帯も、随分と環境が変わっているのかもしれない。

○絶品アイスクリームを食べに

さて、江の島まで来た道を帰ることにするが、せっかく茅ヶ崎まで来たのだから、何か茅ヶ崎でしか食べられないものを食べたいものだ。地元の人からは、茅ヶ崎はカレーが有名だとか、実は隠れたラーメン激戦区だなどという話も聞いたが、サイクリングで汗をかいた後は、冷たいアイスクリームを食べたいということで、おいしいアイスクリーム店を探してみた。

向かった先は、サイクリングコースからはやや外れるが、茅ヶ崎の雄三通り沿いに本店のある「Plenty's(プレンティーズ)」という、アイスクリーム、クレープ、ワッフルの製造と販売を行っている店だ。同店の手作りアイスは夏限定のメニューもあり、その中から今回は「ココナッツパイン」(シングル/税込310円)を注文した。

アイスは申し分なくおいしかったが、アイス同様手作りのコーンは底が完全にふさがっていないので、アイスが溶け始めると漏れてきてしまう。写真を撮るのは早々に、早く食べてしまった方が良さそうだ。

さて、湘南の海辺を走るサイクリング、いかがだっただろうか。往復20kmと、そこそこの距離を走ることになったが、ギア付きのマウンテンバイクは快適で、それほど疲れは感じなかった。また、アウトドアと言えばトイレも心配なところだが、サイクリングコース沿いには、比較的清潔なトイレが所々に設置されているので、その点も問題ない。

一番気になるのは日焼けと熱中症対策だ。帽子と日焼け止めクリーム、飲料水など、万全の備えをして、サイクリングにチャレンジしてみてほしい。

○筆者プロフィール: 森川 孝郎(もりかわ たかお)

旅行コラムニスト、オールアバウト公式国内旅行ガイド。大磯町観光協会理事。鎌倉ペンクラブ会員。京都・奈良・鎌倉など歴史ある街を中心に取材・撮影を行い、「楽しいだけではなく上質な旅の情報」をメディアにて発信。観光庁が中心となって行っている外国人旅行者の訪日促進活動「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の公式サイトにも寄稿している。鎌倉の観光情報は、自身で運営する「鎌倉紀行」で更新。