ディーニュの勇気ある行動!! バルセロナのテロ事件を受けて現場でケガ人の応急手当実施

写真拡大

▽バルセロナのフランス代表DFリュカ・ディーニュが、正義感の強さを見せて各国メディアで話題となっている。スペイン『マルカ』などが報じた。

▽今月17日、スペイン北東部バルセロナとカンブリスの2都市で連続テロ事件が発生。15名がなくなり、100人以上が負傷したとされており、最新の情報では実行犯は射殺されたと報じられている。

▽『マルカ』によると、ディーニュは事件が発生した近くにあるカタルーニャ広場の傍に自宅があるようで、事件時も現場の近くにいた模様。テロ発生後、ディーニュは現場に駆け付け、負傷者に応急処置を行ったようだ。

▽事件後と言うこともありテロの再発も懸念される中だったが、ディーニュは救急隊が駆け付けるまで救護活動を実施していたようだ。

▽なお、レアル・マドリー寄りとされる『マルカ』は「あの日の午後、この街に多くのヒーローが現れた。ディーニュもその一人だった」と、ディーニュの勇気ある行動を称えた。