往年のスポ根少女漫画の世界!? 『フェリシーと夢のトウシューズ』は呪われた夢を描く

写真拡大

 パリ・オペラ座のバレエダンサーになる夢を目指す少女の奮闘を描いた、カナダ/フランス共同制作の劇場アニメーション『フェリシーと夢のトウシューズ』は、こちらの想像をはるかに超えた、激アツの闘いを描く成長ドラマだった。日本には、『アタックNo.1』、『エースをねらえ!』などの往年のスポ根もの、または俳優の世界を描いた『ガラスの仮面』など、自分の才覚と努力で夢を切り拓いていく青春を描いた少女漫画があるが、まさにその世界がそのまま表現されているのである。

参考:『スパイダーマン:ホームカミング』が追求した、“青春学園もの”としての側面

 舞台は、折しもパリでエッフェル塔が建築中の19世紀末。幼い頃に親を亡くし、フランス、ブルターニュ地方の孤児院に暮らす女の子・フェリシーは、同じ施設で育った親友の男の子・ヴィクターとともに孤児院を脱走し、花の都パリへとたどり着く。踊ることが大好きなフェリシーは、無謀にも名門・オペラ座バレエ学校に入ろうとする。

 コネもお金も、身よりすらいないフェリシーが、どうやって憧れのバレエ学校に入学するのかは後述するとして、とにかく観客は、めくるめく王道の少女漫画のような(ある意味ベタな)キャラクターたちに目を奪われることになるだろう。『ガラスの仮面』で主人公を見いだして指導をする、元天才女優の“月影先生”という登場人物がいるが、本作ではやはり、火事によって脚に怪我を負い、バレエダンサーの道を断念した女性が、フェリシーの母代わりとなって、厳しく、ときに優しく指導をすることになる。ちなみにこの火事とは、1871年にル・ペルティエ通りにあったオペラ座の稽古場が火事で焼失したという史実に則ったものであろう。

 『カンフー・パンダ』シリーズなど、多くのアニメーション作品を手がけたテッド・タイが、本作でアニメーション・ディレクターを務めているが、ジャンプして木に結んだベルにタッチして、しぶきを立てずに水たまりに着地するという、まさにカンフー映画のような彼女の指導によって、フェリシーは爪先で全体重のバランスをとる、バレエの基本技術“ポワント”をマスターする。ちなみに本作のダンスの振り付けは、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督のオレリー・デュポン、またオペラ座でエトワールとして活躍したジェレミー・ベランガールが務め、リアリティと優雅さを作品に与えている。

 オペラ座のクラスで指導する、キザな男性教諭のキャラクターもすごい。彼は、「このクラスの生徒たちは本当に素晴らしい…君以外はな!」と、衆人環視の中で個人を指して批判したり、「君の将来は明るい。…ろうそく職人としてならな!」と言って生徒をクラスから追い出したりする、まさに、“パワハラの鬼”であるが、しかし、フェリシーの才能にいち早く気づく、確かな目を持っているのも彼なのである。日本語吹き替え版では、日本の誇る世界的バレエダンサー・熊川哲也がその声を演じていて、バレエファンは感涙である。

 きわめつけは、『ガラスの仮面』における姫川亜弓、もしくは『エースをねらえ!』のお蝶夫人を連想させる、貧乏で天才的なひらめきのあるフェリシーとは真逆の、金持ちで努力型秀才のライバルの登場だ。彼女は幼少の頃からバレエを教え込まれ、フィジカルを鍛えられることで、優しい人間の心を失ったバレエサイボーグとして描かれる。彼女とフェリシーの頂上対決は、さながら『ロッキー4/炎の友情』での、命がけの勝負を連想させる。

 さらに驚くべきことに、本作は表面的に子ども向け作品として作られていながら、夢を目指す女性が、「男で身を持ち崩す」こともあるという、現実にありがちな罠を描いている。学校一のイケメンとして知られる男子生徒が、信じがたいほどにナルシスティックにフェリシーを破滅への道に誘うのだ。対して、幼馴染の男の子ヴィクターは、フェリシーの母の形見である、バレエダンサーを象ったオルゴールを何度も修理してくれることが象徴するように、彼女の夢をサポートしてくれる、洗練はされていないが実直な男である。ここで思い出すのが、『エースをねらえ!』に登場する指導者・宗方コーチの「女の成長を妨げるような愛し方はするな!」という名言である。夢を叶える過程において、恋愛は必ずしも敵になるわけではないが、恋愛対象は慎重に選ばなければならないのだ。

 しかし、本作で最も観客のド肝を抜くのは、フェリシーが他人宛ての入学許可証を「盗む」ことでバレエ学校に入り込むという衝撃的な行動であろう。彼女は名家の令嬢に成りすまし、他人が受けるはずのレッスンを奪ってしまう。もちろん、その後の展開によって、彼女は代償を払わされることになるのだが、主人公が共感を呼びにくいような罪を犯してしまうというところに、本作の「本気」が垣間見えるのである。

 ダーレン・アロノフスキー監督の闇バレエ映画『ブラック・スワン』でも描かれていたように、現実問題として夢をつかむためには、汚い方法を選ばざるを得ない場合もあるだろう。施設を逃げ出しパリに暮らすことも、バレエ学校に入学することも、甘ちゃんの正攻法では絶対に達成することはできなかった。ここでは、罪人になってもいい、人を殺してでも夢をつかむという、情熱を乗り越える狂気があってこそ頂点への道が開かれるという、一つの破滅的な哲学が語られている。

 夢をつかむためにフェリシーは、ライバルとのダンス対決において、オペラ座の象徴でもある、有名な大階段から跳躍する。ダンサーとしての生命が断たれるリスクを負いながら、この一瞬で死んでもいいという、彼女の矛盾した行動は、バレエを踊ることこそが「生」であり、それ以外は「死」であるという極端な人生観によるものだ。

 「あなたは夢のために命を捨てることができるか?」この映画は、観客に鋭利なナイフを突き付けてくる。「夢をつかむ」ということは、おとぎ話のような甘いものではなく、現実的な努力を繰り返し、日常の誘惑を振りきり、ときに汚い駆け引きを覚悟しながら、命を懸けて取り組むものだという、一つの呪われた真理を、本作は率直に示しているのである。(小野寺系)